LADYWEB.ORG編集部のIssy&なな号がお送りする、世の中のニュースを“斬る”というよりは、“なでる”感じのほぼ毎日更新気味コラム。連載1600回達成!

2005年07月20日 Wednesday

横浜のクルーン投手が、日本最速161キロ!

author : Issy&なな号

横浜ベイスターズのクルーン投手が、ついにプロ野球史上最速の球速161キロを記録しました。150キロ後半の速球をコンスタントに出していたので、160キロ超えも時間の問題だろうと思っていましたが、本当に出したんですね。すごいです。

それにしても、対戦した赤星選手も、日本最速の球をよくバットに当てたものです。巨人の上原投手の138キロ前後の速球でも、バンバン空振りがとれるのだから、160キロの球なんて、手も足もでないのかと思ってました。プロ野球のバッターは、すごいです。クルーン投手は偏食でハンバーガーとピザばかり食べてるし、筋肉ムキムキって体でもないのに、よくあんな速球が出ますね。やっぱり、体のバネでしょうか。

どのチームにも、いい外国人選手がいて羨ましいです。我が巨人軍は、どうしてことごとくハズレを持ってくるのでしょうか。情けないです。


なな号コメント ★★★
ところで上原さんの球は、たいして速くないのにどうして空振りがとれるの?


| 評価 | 12:00 AM | comments (1) | trackback (0) |

1年前の今日の記事
長崎自動車道名物、“コーヒーおにぎり”
2年前の今日の記事
梅雨が明けません

この記事に対するコメントの受付は終了いたしました。

コメント

ツーシームさんのコメント

それは、球のノビだと思います。縦の一秒間の球の回転数が多ければ多いいほど浮力がうまれ、球がピンポン球の様に浮き上がります。するとバッターは球速以上に球が速いと感じてしまうのです。だから130キロ程度のストレートでもバッターを空振りさせることができるのです。あと、もうひとつのポイントといえば、変化球も交え緩急をつけて三振をとるというのもありますね。

| URL | 2010年03月22日 04:52 PM | qiW3I/vE |


この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/blog/issy75/tb.php/749

トラックバック

ページトップ

CANELDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月  2024年07月  次月>>

NEW ENTRIES

WEEKLY RANKING

RANDOM LINK

過去の記事がランダムに表示されます。

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

CATEGORIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

POWERED BY