『Five Stars・アメリカ世界遺産5つの謎』制作スタッフの日替わりブログ

Traveler’s High[トラベラーズ・ハイ]

未公開シーン・日本人特有の「ヘンな癖」
今週の土曜日は
きょうの話題は、「ダブーなシーン」のpart2です。
皆さんは、Episode2の舞台、世界遺産タオス・プエブロのこんなシーンを覚えているでしょうか?

いやいやいや

Episode2の主人公ダイスケが、立ち入り禁止区域に入ろうとしてレンジャーに止められ、叱られるシーンです。
ダイスケが立ち入り禁止の柵を越えて向かおうとしたのは、キバと呼ばれる祭事を司る場所。ネイティブアメリカンの人々にとって、最も神聖な場所なのです。ところが、立ち入り禁止地区のサインがあるにもかかわらず、写真を撮るために、ここに入ろうとする観光客がたいへん多いのです。

このシーン、実は私のアイディアではなく、タオス・プエブロに暮らすネイティブアメリカンの方々からの依頼でした。「あまりにも規則を破る観光客が多いので、タオス・プエブロでのタブーを、ぜひゲームの中に盛り込んで欲しい」とお願いされたのです。
タオス・プエブロでは、このほかにも次のようなシーンを撮影しました。

いやいや
ああああ「敷地内を流れる小川に入ってはいけません」ああああああああ「ハシゴに登ってはいけません」


電気も水道も使わず1000年前から変わらない生活をしているというタオス・プエブロの人々にとって、敷地内の小川は、飲み水や洗濯に使う生活用水。それを土足で汚していけないのは当然です。

もう1枚の「ハシゴ編」は、特に日本人観光客に向けて発したメッセージです。
タオス・プエブロのインディアンマンションには、住居のあちこちにハシゴがありますが、なぜかハシゴを見ると登りたくなるのが日本人観光客。「特に日本人の人には、ハシゴを登らないように強調してください」と、タオス・プエブロの管理者の方に言われました。

日本人観光客の困った行動は、Episode3の舞台、ワイオミング州の世界遺産、イエローストーン国立公園でも言われました。イエローストーンには数百にのぼる温泉がありますが、この温泉の中に手を入れようとする日本人観光客がものすごく多いのです。
イエローストーンには、赤や黄色、青、緑と実に美しい色彩に彩られている温泉があります。これらの色は悠久の時を経てバクテリアが造り出した色で、ここに人間の手の脂が入るとバクテリアが死んでしまうので、手をいれることは固く禁じられているのです。
レンジャーに聞くと、中にはわざわざ子供を呼んで、「ここを触ってごらん」といって、温泉に手を入れさせる父親もいるとか。それらは決まって日本人なんだそうです。

そこで、撮影されたのが次の「イエローストーンのタブーなシーン」です。温泉に手をいれる役は、傍若無人キャラ、マダム・ソフィアにお願いしました。

いや

ですが残念ながらこのシーン、未公開となってしまいました。Episode3のイエローストーンは広大で、ストーリーに登場するシーンが膨大になってしまったため、ここまで盛り込めなかったのです。

日本人にとっての温泉は「お風呂」としてのなじみが深いせいか、温泉を見るとすぐに手を入れようとするのだそうです。私もレンジャーから注意を受けなければ、手を入れて湯加減をみていたかも知れません。皆さんもイエローストーンを訪れたときは、ぜひお気をつけくださいね。

Photo by Nanako Nishiyama


| 撮影ウラ話 | 05:42 AM | comments (5) | trackback (0) |
未公開シーン・もっと入れたかった「タブーなシーン」
今週の金曜日は

みなさん、明けましておめでとうございます!
1年1か月にわたって公開した『Five Stars・アメリカ世界遺産5つの謎』も、とうとう終了となりました。ですがこれから2月28日までの間に、順次当選発表を行っていきますので、それまでこのブログも続けていこうと思っています。

さて、本日のテーマは「やってはいけないタブーなシーン」です。
今回のゲームには、12を超えるアメリカの世界遺産、国立公園、国立モニュメントなどが登場しますが、どこでも必ず注意を受けるのが「自然環境保全のために、決してやってはいけないさまざまな事柄」です。

私たちは行く先々で「タブーなシーン」を撮影し、できるだけゲームのストーリーの中に組み込むように努力しましたが、いくつかは入れ込むことができず、こぼれてしまいました。きょうご紹介するのは、もっと入れたかった「タブーなシーン」です。

Episode2、ニューメキシコ州の世界遺産、カールスバッド・キャバーンズ国立公園のシーンでは、ストーリーの中に3件の「タブー」を織り込みました。
カールスバッドでは、ポイントを自由にクリックする形でしたので、このシーンを見た方もいれば、見ていない方もいると思います。

えええーッッ!?
「洞窟内では大声を出してはいけません」 「鍾乳石に触ってはいけません」「通路以外の場所に入ってはいけません」

Episode2をプレイした方はご存知だと思いますが、カールスバッドは鍾乳石でできている巨大な地下洞窟。大きな声を出すと洞窟内に響き渡りますし、また通路以外のところは何万年もかけて自然が造り上げた鍾乳石のアート。人間の手が触れることは、それらを壊してしまうことなのです。

同じEpisode2では、ホワイトサンズ国立モニュメントが登場しましたが、ここで撮った「タブーなシーン」は、ゲームの中に登場しませんでした。

えッッ!?
ああああ「砂丘でタバコを吸ってはいけません」 あああああああああああああ 「砂を持ち帰ってはいけません」


ホワイトサンズは世界でも珍しい真っ白な砂丘。砂丘の上で飲食やタバコがタブーなのは当然です。
ここではマダム・ソフィアがタバコを吸うシーンを撮影しました。ふだんは吸わない方なので、タバコを持つ手つきは少し怪しかったのですが、そこは演技力でカバー、「いかにも」な写真が撮れました。ちなみに、ライターを差し出しているのは、「神様」です。
(Episode4のラストでは、マダム・ソフィアと「神様」の決闘がありますが、もうこの時点で力関係は明らかですね)

ホワイトサンズでのもうひとつのタブーは、「砂を持ち帰ってはいけません」。そう、あまりにも美しい砂なので、旅の記念に……と、持ち帰る人が後を絶たないのです。
残念ながらこの2点の写真は、ゲームの中に組み込むことができず……お蔵入りとなっていたものです。

| 撮影ウラ話 | 03:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
みなさま、ありがとうございました。
今週の水曜日は
みなさま、ごぶさたしております。
制作担当のIssyです。

本日を持ちまして、この「Five Stars・アメリカ世界遺産5つの謎」は終了いたします。しくしく
本当にたくさんのご応募、ありがとうございました。

何万行もソースを書いて、
何千枚も画像処理して、
何百個もFlashつくって、
何回か不眠症になって…、
さすがに心底くたびれましたが、スキルもアップしたし、素晴らしい経験ができて、とてもよかったです。

また、この1年間、みなさんと一緒につくりあげたんだなあという気がしてなりません。
アメリカ大自然の風景に感動してもらったり、ゲームの操作面でのご指摘をいただいたり、
楽しかったと励まされたり、開催が遅れても心待ちにしてくださったり、本当に感謝感謝です。

シリーズ全体を通した基本スタイルの決定や、バグ対策に苦労した「Episode0」。
本編の構成に悩み、開催の遅れに心痛めた「Episode1」。
制作が盛り上がりすぎて、やりすぎなくらいやってしまった「Episode2」。
今までを超える作品にしようというプレッシャーに押しつぶされそうになった「Episode3」。
制作はあっけなかったけど、意外に好評だった「Episode4」。

いやいや、大変だったけど、本当に楽しかった。
またつくりたいです。

プレゼントの応募は、本日で終了ですが、
ゲーム自体はこのまま置いておきますので、
また、旅行したいなあと思ったら、いつでも遊びにきてください。

それでは、また次のゲームで(?)お会いしましょう。
ではでは。ひよこ





| 制作ウラ(?)話 | 12:00 PM | comments (1) | trackback (0) |
未公開シーン「撮ったけれど使えなかった写真」
今週の水曜日は
今回のゲームには、アリゾナ州、ニューメキシコ州、ワイオミング州、コロラド州のさまざまな世界遺産である国立公園が登場します。撮影期間も長く、カット数も多いので、もちろん撮影許可申請もしますし、必要に応じて「場所使用料」も払います。
国立公園の中は、州政府観光局の管轄ではなく、アメリカ中央政府、国立公園局の管轄。ですので、今回のような州政府観光局主導のゲーム制作・撮影であっても、別個に撮影申請をし、国の許可をとらなければならないのです。

さて、2か月以上も前に撮影の申請を行い、無事許可がおりると、撮影当日は国立公園内のレンジャーが撮影隊に随行し、時には「人ばらい」を行って、撮影隊のために場所をあけてくれます。

ですが、いつもこのような理想的な撮影ができるわけではありません。時には他の観光客がいる中で撮影しなければならないのです。

今回、最も撮影環境が悪かったのが、グランドキャニオンでした。さすがにアメリカを代表する世界遺産だけあって、「最高の景色」の前は、いつも混雑。衣装をつけたゲームの登場人物たちも、人だかりの中で演技をしなければなりません。

「Episode1・グランドキャニオン編」の中で、ネイティブアメリカンのジェームズさんが、「神様」を呼び出すシーンは、この混雑した中で行われました。現地では実際にジェームズさんが歌ったので、ますます人だかりも多くなりました。観光客たちは、公園側が提供する何かのイベントと思っていたのか、皆、このふたりにカメラを向けています。

とほほほ

「いや〜、きょうは人が多いのでアガっちゃったよ」とは、撮影終了後の「神様」のお言葉。いつにないたくさんのシャッター音とフラッシュに、「神様」は緊張気味だったようです。

最後にご紹介するのは、「神様」を囲んだ集合記念写真です。場所はフェニックスの高級リゾート、『シェラトン・ワイルドホース・スパ』のベランダ。今回のゲームのスポンサー、JATA(日本旅行業協会)が提唱する「FLY&DRIVE」のTシャツを着ているのがミソです。

とほほ

本来、「Episode0・FLY&DRIVE編」で使う予定だったのですが、よく考えると「Episode0・FLY&DRIVE編」には、「神様」はもちろん、タケ博士もジェフもセイブ女史も登場しないので、ユーザーにとっては意味不明なものになりかねません。
……従って、ボツになった写真です。

「おい、プロデューサー! そんなことぐらい、前もって判断しろよ。1日の撮影を終えて疲れ切ってるのに、みんな頑張ってポーズとってるんだからさぁ」と、いう声が聞こえてきそうです。
皆様、ご・・・ごめんなさい。

Photos/Nanako Nishiyama


| 撮影ウラ話 | 04:11 PM | comments (0) | trackback (0) |
未公開シーン「ダイちゃんとお揃い」
今週の水曜日は
皆様、Episode2「カールスバッド&タオス・プエブロ編」に登場した、困ったちゃんキャラクター、ダイを覚えていますか? 普段の彼は困ったちゃんどころか、大変クレバーで努力家の青年です。特筆すべきは、彼の礼儀正しさで、初めて出会った今から4年前、あまりに姿勢が良く、礼儀正しいその姿にびっくりしたほどです。彼の礼儀正しさは、何年経っても変わりません。たとえ私がどんな馬鹿げたオーダーをしようと、間違ったことを言おうと、常に目上の者を立て、笑顔で受け止めてくれるのです。

さて、ゲームのモデルを頼んだ時の私の馬鹿げたオーダーのひとつが、「スマイルマークのTシャツを着てほしい」でした。

「ダイちゃんの着る服は、最初から最後までこのTシャツよ」
「え? ボクはそれだけですか?」
「そう、できるだけキャラクターの“ダサさ”を強調したいから」
「今、このマークのシャツ着てる人、まず見ませんよね……(声が小さくなる)」

あはははは

左がキャラクターの大学生ダイの定番衣装。右側は、ニューメキシコに暮らすイタズラ好きの悪魔に取り憑かれ、「デビルダイ」に変身したダイです。ニューメキシコ編の撮影は約10日間。その間、ダイちゃんはずっとこのTシャツを着て過ごしました。着替えは白が3着、黒が2着。もちろんいつも同じ柄です。

そんな撮影中のある日、私たちが泊まったホテルで、スマイルマークのナンバープレートのついた車を発見! 「最近、あまり見ないはずのスマイルマーク」に出会い、私たちが大喜びしたのは、言うまでもありません。

あははは

Episode2でのキャラクター・ダイの定番衣装は、スマイルマークTシャツでしたが、最後のほうで“憑きもの”から解放され、彼は身も心も賢く生まれ変わります。そのとき初めて彼は「普通の服」を着ることを許されました。それが左の写真、ホワイトサンズでのシーンです。右側は、ある事情から私がダイちゃんの黒いTシャツを借りざるを得なくなり、着たついでに撮った写真です。

あはは

お見苦しいところをお見せし、申し訳ありません。



| 撮影ウラ話::ニューメキシコ編 | 01:13 PM | comments (0) | trackback (0) |
未公開シーン「ジュの持ち物いろいろ」
今週の日曜日は
みなさんお久しぶりです。プロデューサーの芥です。遅れ遅れながらもゲームのアップロードもすべて終え、今ごろやっと気持ちの余裕が出てきたところです。昨年の12月からスタートした『Five Stars・アメリカ世界遺産5つの謎』ですが、気付けば1年もあっという間に過ぎ、ゲーム終了までのカウントダウンが始まる季節になってしまいました。

撮影を含めるとこの2年間は、ゲームの作成に費やした日々でした。ゲームの作成は、時間、コスト、労力、あらゆる点で本当に大変だったのですが、でもそれ以上にかけがえのない思い出をつくることができました。
アメリカの世界遺産をゲーム化するという、素晴らしい場所を与えてくださった西部5州政府観光局の皆様、協賛してくださったスポンサーの方々、モデルになってくださった方々、そして一緒に制作に携わったチームメンバーに心から感謝したいと思います。

そして、この1年間、ユーザーの方々から本当にたくさんの励ましのお言葉をいただきました。私もチームメンバーも、どれだけそれに力づけられたことでしょう。このゲームを遊んでくださるユーザーの方々がいたからこそ、ここまで来れたのだと思います。本当にありがとうございました。

このゲームは、撮影日数45日間、約12,000枚の写真の中からセレクトしたものを使って作られています。選ぶのも大変でしたが、何よりも辛いのは、とても良い写真なのに「ゲームの中では使えないものがある」ということでした。
使えない理由はさまざまで、ストーリー上、必要がなくなったから、ということもあります。笑ってはいけないところでモデルが笑ってしまったり、ストーリーとまったく違った表情になったNG写真というものもあります。また、プライベートのショットだったりもします。

ゲーム終了まであと24日間。せっかくですから、これらの「未公開シーン」をいくつかご紹介していきたいと思います。

ふふふ

未公開シーン第1弾は、Episode3の主人公、ジュの「持ち物写真」です。自然と一体になって暮らしているジュのトレードマークは、いつも持っている「一束の草」です。これがゲームの中で一か所、ひまわりになっているシーンがあります。Episode3、イエローストーン国立公園の中の「レイクカントリー」でのこと。ぜひ探してみてください。

ふふふふ

この写真はスタジオで撮ったものですが、ひまわりの他、ジュがバラを持っている写真も撮影されました。ですが、バラは「華美な印象」なので、ジュのイメージには合わず、ボツになりました。
その他に、ジュがワインを持つ写真も撮影されましたが……今となっては一体これを何に使うつもりだったのか、記憶も定かではありません。




| 制作ウラ(?)話 | 01:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
TBS『THE 世界遺産』でイエローストーンが!
今週の火曜日は
「Episode4」の制作が遅れておりまして、大変ご迷惑をおかけしております。しくしく
ただ今、鋭意制作中ですので、もうしばらくお待ちください。

さて……TBSで、毎週日曜日の午後6時から放送中の『THE 世界遺産』

10月26日の放送は、イエローストーン国立公園です!

また取り上げてくれるんですね。

「Episode3」をプレイしてから放送を見るか、
放送を見てから「Episode3」をプレイするか、
いずれにしても、イエローストーンの知識と興味が、グッと深まることでしょう。にかっ

『THE 世界遺産』はとても落ち着いた雰囲気の番組なので、
以前、午後11時半に放送していた頃は、
見てる途中で、どうしても寝てしまうことが多かったですが、
今は夕方なので、大丈夫でしょう。Zzz

ということで、お見逃しなく。!

ではでは。ひよこ


| 以上、現場からでした! | 04:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月  2018年11月  次月>>

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

    申し訳ございません、三度…。
  • Issy(10/01)

カテゴリ

プロフィール

WEEKLY RANKING

最新トラックバック

バックナンバー

リンク

スクリプト&モジュール提供