日本のTVメディア、相変わらずピッチ上の選手を抜く尺が長すぎ…

昨日は昼間にJ1昇格プレーオフの徳島ヴォルティスVSモンテディオ山形やら、J2昇格のかかったJ3リーグ最終節やらあったんだが、当初スケジュールになかった外出が入り見られず。戻ってきたら(夕方)NHK-BSで皇后杯セミファイナルを中継していたんで視てしまい、NHK-BSでは先にもう1試合中継していてそちらを録画していたので続けて視聴。
JリーグアウォーズのDAZN中継は視ませんでした。もちろんネットで追いかけてはいたけどね。

なんでJリーグアウォーズを視なかったかって?? いろいろ問題点やクレームや失望が出てるようだが、そんな感じになりそうだったから。内容的にも今回はちょっと…という予想があったし。
まぁね、なんでまた芸人ばっかり呼んで出させてるんだか、、、広告代理店に仕切らせすぎだろうって。細かいことはイチイチ言わないが、それにしても選手の所属チーム名を間違えるとか、何をやってんだが。原稿が間違ってたのか?? だとしても臨機応変に対応せんかいね、Jリーグアウォーズに出てきてマイク持ってんだろ。お粗末な限り。

NHK-BSの皇后杯中継だが、録画で視た試合は実況担当のアナウンサーがヘタクソだったなぁ。誰だが調べたよ。プロファイルによると一応サッカーお好きらしいが、明らかに選手の情報や知識が少なく、ロクに選手の名前を呼べない。なでしこリーグは見てないんですね、きっと。
次の試合の担当のアナウンサーは、こちらは声を聞けば誰だが認識できる方で雲泥の差だったな。こちらのアナウンサーも私的にはそんなにフットボール実況がお上手とは思わない方なんだけどな、、、それでもこの大きな差ってなんだろう。
しかし日本のTV局(およびそのスタッフ)が中継するフットボールの試合中継映像って、ピッチ上の選手を抜いた時、なんであんなに長く抜きっぱなしなんだろうなぁ。まったくもって長すぎ。海外の中継じゃぁこんな長いのってまずないぜよ。中継車の中、休んでんのか?? 一呼吸の時間なのか?? まぁせいぜい5秒以内でいいんだよ。
DAZN中継でも中継を担当してるのは地方TV局だったりするんで、同じようなもの。もうさ、こういう手垢のついた流儀というか作法というか日本のTV中継の慣習は変えませんかね。海外のいろいろな中継を視て学習しましょうね。ただ漠然と視てるんじゃなくてね、問題意識もって視て学習していただきたいものだ。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3478

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

<<前月 2020年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ