U-23アジア選手権、またまた怪しいVARからのPK。

NHK-BSでは放送のなかったサウジアラビアVSタイのクオーターファイナル。タイも奮戦しているが、やはりサウジアラビアの方が地力は上。
それでもスコアレスで推移し70分を超えたあたり、ドリブリングしていたサウジアラビアの選手がタイのゴール前、ペナルティエリア内で倒れてレフェリーが笛を吹いたようだが、、、中継のリプレイを見れば、追いかける形ではあるが確かにボールに行っていて、明らかのノーファウル。。。じゃ、何の笛だ、、、と思ってたら、ペナルティエリアすぐ外からのフリーキックを指示しておる、、、は?? 倒したスライディングが外だったと?? と思ったら、さらに角度の違うリプレイが出ると、はは~ん、ユニフォームを引っ張っておるね、これをファウルにしたか、、、と思いきや、VARが介入。

続き▽

| trackback (0) |

U-23アジア選手権、タイがグループステージ突破を決めた試合を録画視聴。いい戦いじゃんか。

実にいい戦い。試合はドローで終わったが、日本の試合よりはるかに面白い(苦笑)
今大会の開催国で現地はなんかタイヘンな騒ぎというか盛り上がりになってるようだが、まぁそりゃそうだろう。西野監督も株を上げたな。
4バックが基本だと思うが、ビルドアップでは3バックにスムースになっているし、守備時にはこちらもスムースに5バックになったり。守備からカウンターに移行する局面でも前線に3枚居るんで、数が足りないってことはない。その分、中盤の枚数が少ない勘定にはなるんだが、ま、相手が中盤をしっかり構成して来る場合だとこうは行かないだろうが、中盤の選手やサイドバックの選手が実に積極的に前へ出て行くんで、枚数の不足(?)を感じさせないな。この辺りは日本のチームも少し見てみた方がいいんじゃないか。慎重に中盤の枚数をキープするばっかりじゃない…っていうか。

続き▽

| trackback (0) |

必ず出てくる「選手間のコミュニケーション不足」

惨敗すると必ず出てくるのが、選手間のコミュニケーション不足云々というフレーズ。今回も出てましたなぁ。
しかも今回は元選手(日本代表OB)名での記事だ(苦笑)「文責」となってましたけどね。もちろん書いてんのは本人じゃないことはわかりきったことだが、あまりいい加減な記事に乗っからないでもらいたいな、いくら金のためとはいえ。
そういうことで括っちゃいかんし、そういう記事で稼ごうと思うなよ。○○くさ。
そういえば、Jリーグの選手の年俸が寂しい的な記事に名前を貸してる元選手(日本代表OB)も昨年暮れあたりに居たなぁ。不自然だったよな、そんな時期に。
そもそも「日本代表OB」なんていう表示も奇妙で仕方ない。日本だけだろ、こんな表示。大体において、日本代表というチーム名が存在してる(旧メディアで)国だからなぁ。テロップやナレーションで頻発しますよね。
はぁ~。。。

続き▽

| trackback (0) |

U-23、3月のテストマッチは海外クラブからも呼ぶそうです…ってか。

なんか、今日の一部メディアでは森保監督がそうコメントしたそうで。へぇ~。はぁ~。オーバーエイジも…とかまで、なんかイケイケっすなぁ。。。
昨夜はU-23アジア選手権の最後の一戦。カタール戦。試合前のスターティングメンバーの羅列を見たら、お、4バックかぁ、、、と思ったが(実際、某フットボール専門メディアは4バックを予想してたらしいが)よくよく選手の配置を描いてみたらやっぱし3バックか、、、と思いつつ、キックオフしてみたらやっぱり3バックだった。
橋岡を3バックに入れたわけね。で、ウイングバックは左に杉岡を入れ、相馬は右にと。
前半アディショナルタイムには田中碧がVARで一発退場にさせられ(ファウルかどうか意見が分かれるところだが、VARで見りゃ不利なんだよな…毎度そうだが)1点リードを奪った後にPKの笛が吹かれ、今度はVARの介入はあったのにレフェリーはビデオチェック(オンフィールド・レビュー)せずにPK生きってことで同点に。これもワケわからんけどな。。。
で、試合はそのまま1-1で終了。後半は10人で戦った日本だが、4-4-1のフォーメーションでこっちの方が誰が見てもバランスも流れもイイじゃないかと、、、そんな試合でしたかね。

続き▽

| trackback (0) |

ようやくこんなエキシビションマッチができるようになったか…

高校サッカー選手権ファイナルが行われた日(一昨日)は、ファイナルのキックオフの1時間前に巻誠一郎氏の引退試合(@熊本)がキックオフしており、DAZNで視聴させていただいた。
これまで日本で行われるエキシビションマッチって大体ガチガチで、、、っていうことが多かったんだが、この引退試合はゴールも多く見られ、実に楽しいエキシビションマッチとなった。ちょっとお笑い要素が有りすぎ、、、というのは私の感覚かもしれないが。
ま、ようやくこんなエキシビションマッチ、引退試合ができるようになったか、とシミジミしましたよ。
いいイベントだったと思います。集まった元選手たちのトークに何度も笑わせられたり、時折ウルウルもさせられたし。

続き▽

| trackback (0) |

間違った戦い方をしていない、、、んだそうです。

JFAの技術委員長のコメント。まぁね、余計なこと言えないのは大人の事情としてわかるが、それにしてもそこまでの表現してたら、フットボール・フリークの嘲笑を受けるだけじゃないですかね。
あ、なんのことか書かなくてもいいっすよね。
昨日は高校サッカーのファイナルがたいへんな激闘で。来年のファイナルは新国立競技場に戻すんかねぇ。フットボール専用スタジアムの光景を一般ピープルに見せたいんで、埼玉スタジアムでよいと思いますけどね。
それこそフットボール・フリークの大多数がそう思ってると思うぞ。

続き▽

| trackback (0) |

まさかの連敗、2戦で敗退決定は意外か?? 予想外か???

昨夜はNHK-BSがサウジアラビアVSカタールをライブ放送してくれたので視聴したが(スコアレスドロー)ぶっちゃけ、どっちも大概というか、どうっちゅうことないな。ただドローで終わったんで、日本はシリア戦に勝たないとグループステージ自力突破が消滅することになった。
んで、日本VSシリアだよ。結果はご存じのとおりで、だから先にこの試合見ものだって書いてたでしょ。
試合開始直後に走力で負けて縦に行かれてシュートを打たれ、コーナーキック。コーナーキックからの競り合いをVARでPK判定されて早々に失点。まぁ、あれは普通ならPKは取らないと思うが、VARになればPKにされる確率が高いことはこれまで散々見てきた光景。相手が頭を出して無理に突っ込んで来てるところ、不用意に足だけ上げちゃイカンっすよ。身体で行かないと。実になんとも不用意。
それでも前半のうちに同点に追いついたんだが、後半は攻めっぱなしだがゴールをこじ開けられず。
右ウイングバックの橋岡のクロスもアバウトなんだが、1本だけ、ピンポイントで素晴らしい弾道のクロスを飛ばすも、上田が当て損なってマウスを外す。多分脛に当たってましたよね。ありゃ言い訳できんわな。
んで、最終ラインの渡辺が足を痛めて交替を余儀なくされ、カードを余計に1枚使ってしまう。中盤センターの齊藤未月も足を攣って動けなくなっているのに、そこに交替カードは使わず、最終盤、前がかりになっているところを中央からカウンターで行かれてしまい(ここでも走力不足は明らか)日本はあと2人が戻っていたのに何故かシリアのもう1枚の方をケアする形で(?)突破して来てる選手に行かず、ゴールキーパーの飛び出しも甘く、まんまとゴールを許す。
その後はなりふり構わずゴールを奪いに行ったが、惜しいシュートもあったんだが1-2で終了。
なんともみっともない、2戦にして早々に敗退決定という結果に。いつぶりだ?? アジアの公式大会でグループステージ敗退って。

続き▽

| trackback (0) |

「26歳の若き司令塔」なんていう表現(笑)って、いかにも日本の旧メディアだなぁと。

某スポーツ紙の見出しね、ある選手に関する記事の。そもそも26歳で「若き」っていうところにも思いっきしツッコミ入りますが、「司令塔」っていう旧式な表現もなぁ。ホント、古臭いっていうか、記者も年齢的には高齢ではないだろ?? まぁデスクのそういう層が見出し付けちゃう(変えちゃう)のかもしれないが、いつの時代かって。。。

U-23アジア選手権の昨夜のオーストラリアVSタイをNHK-BSで視聴したが、西野監督率いるタイはオーストラリアに対してなかなかの戦いぶり。
オーストラリアは初戦を引き分けてるので、この試合は序盤からガンガン前へボールを奪いに来て、タイはちょっと面喰っていたようだったが10分過ぎあたりから慣れてきたことと、特に左サイドで果敢にデュエルに挑むプレーに触発されたか、ビビらずにパス回しするようになってゴールに迫るシーンも出てくるようになった。縦のワンツーがなかなか目を引き、中盤センターやサイドバックが縦に積極的にスプリントし、まぁね、日本のチームもこういうプレーが出ないとな、見てる側に面白い試合にはならんよな。

続き▽

| trackback (0) |

なんか高校サッカーのディフェンスラインの方がマシなんじゃないかと思えてきた。

最終ラインをしっかり形成して、間に入らせないしギャップを作られないし、ハイボールもかっちり跳ね返すし、バイタルで危ないかも!!って局面になると最終ラインをブレイクしてすかさず前へ潰しに出るし。なんかさぁ、U-23代表とかよりずっとマシなんじゃないか。。。

続き▽

| trackback (0) |

U-23アジア選手権、ベストメンバーでも変わり映えしなかったろうと思わせる戦術・システム。

戦術なんかないじゃんか(選手に丸投げじゃんか)という声が聞こえてきそうだが、私もそう思ってるが、まぁ何にしても低調なパフォーマンスだなぁ。昨年、トゥーロン国際でファイナルでブラジルとPK戦にもつれ込ませたり、秋にアウェイでブラジルを3-2で破ったパフォーマンスは何処へ行ったんかね。
そもそも、なんでいまだに3-4-2-1のフォーメーションにこだわるのか、そればっかりはわっからん。4バックに変えなさいよ、って思いますね。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2020年01月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ