昨日J2最終節…J1自動昇格、J1参入プレーオフに挑むクラブが決定。

J2優勝争い、自動昇格枠争い、J1参入プレーオフ枠争いが激烈なJ2も昨日が最終節。当然、同時キックオフで目が離せませんがな。こういう時にDAZNの「Jゾーンプラス」(Jリーグ・ゾーン)が大いに役立つわけだが、Jリーグ観戦者で結構この「Jゾーンプラス」をご存じない人が居るようで少々驚いた。「Jゾーンプラス」へのツイートで判明。某SNSのトレンドワードでも1位になったりしてたようだが。
J1残留争い渦中のクラブも注目した(J1ライセンスを持たない)町田ゼルビアは先制しながら追いつかれ、4位でフィニッシュ。これによってJ1自動昇格は2クラブ、松本山雅と大分トリニータが昇格し、J1からJ2への自動降格は2クラブと決定、J1の16位がJ1参入プレーオフを戦うことになった。

続き▽

| trackback (0) |

渋滞でスタジアム到着がキックオフ40分前。

昨夜のテストマッチ、キックオフまで1時間を切ってもスタメン情報が伝わって来ないのでどうしてんのかと思ったら、スタジアムに着けてないと。来年のラグビー・ワールドカップも行うスタジアムなんで、そのシミュレーションも兼ねているなどと一部旧メディアが伝えていたようだが、だって2002年のワールドカップもここでやってるし、その後も何度もウイークデイの夜にテストマッチをやってるのに、何を言ってんのかと。担当者、未経験ですかぁ???
まぁ、両チームの選手たちがケガもなく終わってよかったですよ。

続き▽

| trackback (0) |

本日テストマッチ…アジアカップはクオーターファイナルからVARを導入??

今夜は大分でのテストマッチ。森保監督は、10月のウルグアイ戦をベースのスタメンを示唆しているようで。まさか2戦ともそういうスタメンではないと思うが。
で、アジアカップでのVAR導入の件。

続き▽

| trackback (0) |

U-21ドバイ遠征初戦。

どこでも放送も配信もないようだったんだが、UAEのサイトでネット配信を視ましたよ。U-23ウズベキスタンとの初戦。ウズベキスタンといえば、今年1月のU-23アジア選手権のクオーターファイナルで4失点も喫した(0-4)相手。もっとも今回はほぼU-21という情報もあるが。
試合の方は2-2でタイムアップ。両チームの全ゴールとも前半のゴール。

続き▽

| trackback (0) |

地元メディア「ディフェンスのボス」(笑)とな、長谷部。

3バックの中央に長谷部が入ってからフランクフルトは負けなし。ブンデスリーガでもヨーロッパリーグでも。ヨーロッパリーグなんて、早々にグループステージ突破を決めちゃったし。ブンデスリーガも先週末の試合を終えてバイエルン・ミュンヘンを抜いて4位(バイエルンと同勝点で得失点差「7」上回る)だし。
身長も足りない、フィジカルやスピードもセンターバックとしては物足らない長谷部だが、試合を見てると、ブンデスリーガの試合では先週末のシャルケ戦の1つ前のシュツットガルト戦では、相手フォワードにマリオ・ゴメスが居たんで、その高さに結構危ないシーンもあったんだが(普通に競れてはないので)それでもあんまり危なささを感じさせないのが凄い(笑)

続き▽

| trackback (0) |

11月のテストマッチ…ケガで青山に替わって守田、鈴木優磨に替わって杉本を召集。

昨日はサンフレッチェ広島の青山が辞退で、川崎フロンターレの守田が呼ばれることが発表され、今日は鹿島アントラーズの鈴木優磨が辞退で、セレッソ大阪の杉本が呼ばれることが発表された。鈴木優磨はようやく初召集だっただけに、残念ではあるなぁ。杉本は先週末の川崎フロンターレ戦のゴールは見事だったけどね、、、外にはたいて、遅らせて前へ出て行って、リターンを受けて突進してからの巧みなシュートで。
青山の替わりが守田ということで、フットボール・フリークの間でも守田じゃなくて大島だろうが…という声も多いようだが。そういう反応が出る向きもなかなかよくわかっているが、Jリーグの試合や川崎フロンターレの試合を見ている向きからすると、もう1つ深い(?)反応があるわけで。

続き▽

| trackback (0) |

ヴァンラーレ八戸、J3昇格濃厚…県単位とすべきっていう発想は根幹的に的外れなんだよね。

ザルツブルクの南野は、日本時間今朝のアウェイ戦でスコアレスの状況でヨーロッパリーグから中2日で途中出場。ジョーカーを託された役割を十分理解し、試合終盤、ゴリゴリとドリブリングでゴール前に進み、角度の無い所からの左足シュート、、、相手ゴールキーパーが弾いたところを味方が決めてゴールマウスをこじ開ける。アディショナルタイムには、ペナルティエリア外でドリブリングから味方の2トップにラストパスを出すフェイクから2トップ左とクロスするようにそのままドリブリング、ディフェンダーを交わして左足フィニッシュ。どちらも実にいいゴール。
ゴール前の密集した状況や足元ゴチャゴチャした状況でもシュートまで持って行けるタイプはインターナショナル・レベルではこれまでなかなか居なかったし、中島翔哉や堂安もそうだが、ワンタッチで抜け出したりフリーの状態からのドリブルシュートではなく、ディフェンダーが前に居てもドリブリングからシュートが打てる点もそう。そろそろオーストリア脱出となりますか…

続き▽

| trackback (0) |

ともに敗戦でJ1優勝決定…大アウェイで狙いどおりのスコアレスでACL優勝…

昨日は昼間に川崎フロンターレの2年連続J1優勝が決定、深夜には鹿島アントラーズがアウェイでACLファイナル2ndレグを戦い抜きACL優勝と、観戦するこちらにとってもタフな1日となった。
J1優勝決定については、首位の川崎フロンターレと2位のサンフレッチェ広島がともに敗戦し、それで優勝決定という締まらない(?)結末だったが、こういうパターンも大いにあり得ると思っていたし(笑)

続き▽

| trackback (0) |

移動に17時間も要したことを報じながら「時差ボケ無縁」という記事…これが日本クオリティ(苦笑)

今日はJ1優勝が決まるかもしれない日だが、その件についてなんとまぁ空気なことか(笑) しっかりプロモーションやらんかね…
それともなにか?? 今日まだ決まらないで欲しいってか。。。
NHKは地上波で勝てば優勝決定という川崎フロンターレの試合(セレッソ大阪VS川崎フロンターレ)をライブ中継するが、NHK-BSの方では、なんと、2位のサンフレッチェ広島の試合(サンフレッチェ広島VSベガルタ仙台)ではなく、ヴィッセル神戸VSサガン鳥栖をライブ中継するとな。
サンフレッチェ広島の試合だって、川崎フロンターレが今日敗戦でもサンフレッチェも敗戦だったら優勝が決まるんだけどね、、、イニエスタとフェルナンド・トーレスの対決の方がバリューがありますか…ああそうですか。こういうのも日本クオリティっすかねぇ。そんなバリューなんて、録画放送で落ち着いてじっくり編集して見せりゃいいだろうが。盛り上がってくれねぇかなぁ~盛り上がるモノ出してくれよ~などと思いながら気もそぞろにライブ中継するんじゃなくて。

続き▽

| trackback (0) |

2022年ワールドカップ出場枠を「48」にしても開催期間は変えないって??

南野が、日本時間今朝行われたヨーロッパリーグのアウェイ戦(ローゼンボリ戦)で前半だけでハットトリック…というニュースで気分よい朝(笑)ヨーロッパリーグでの日本人初のハットトリック。ファイナルスコアは2-5。対角線シュートでこういう低くて速い弾道、好みですなぁ。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

<<前月 2018年11月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ