ワールドカップ予選ってなぁ、特にアウェイ戦は「いくさ」だよなぁ。

昨夜はワールドカップ・アジア2次予選、アウェイのキルギス戦。なんとも見るからに酷いピッチで日本選手はやりにくそうなのが明らかだし、まぁ寄せ集めのメンバーで(これまでの主要メンバーをU-22に回したりもしたし)苦労するのはわかってたが、2-0というスコアは予想どおりで(デキが悪くても2-0みはするだろうと…)キッチリ勝点3ポイント獲得したのは結構なこと。

相手も日本チームをよく研究してたしな、、、こっちはスカウティングは一応やってんだろうが、横綱相撲のつもりなのかなんだかよくわからんが出たとこ勝負みたいな。。。セットプレーで2ゴールっていうのは、まぁ相応な強豪チームのやることで、低パフォーマンスでもそれなりに結果を出すんだからな。
もっとも、こういう試合じゃぁ、地上波TVの視聴率も伸びないしな。だけど仕方ないんっすよ、グローバル競争競技なんでね、日本側の商売のやりやすいようにはできないんっすよ。
なんにしても、アウェイ戦てのはまさに敵地って雰囲気、環境で、こういうのはフットボールか格闘技しかないだろ。ホンッと危険っていうか、日本人にはそういうのは多分わからんだろうな。敵領土に乗り込んでの「いくさ」の風情。そういう表現になるよなぁ。

試合内容に関しては、中盤センターの存在感の無さは問題。キルギスもそこを潰しに来てたが、だとしてもこのパフォーマンスはダメだろう。決定的なチャンスも幾つも作らせてしまったが、キルギスが日本の弱点というか穴をよく分析して突いてきてたし、例えばサイドバックがオーバーラップした後のスペースだとか、ただしそこにパス(フィード)出させてはイカンだろう…っていうあたりに関して、そこで蹴らせない、あるいはディレイする、っていう努力は確かに不足してたんじゃないか。あと、セカンドボールの回収や日本ゴールに迫った辺りでのボール周辺への人数のかけかたとか、よく練っていたんじゃないか。

このような展開で南野はPKで先制ゴールを決めてくれて助かったが、その前に2つあったゴール前での決定的なビッグチャンスを決め損ねるっていうのはイカンね。毎度毎度、南野は決定的なチャンスを2度決め損ねないと、ゴールを決められないようだ。ほんとに毎度2度。最初のチャンスで決めるようにしてくれ。
ま、あのPKはアウトで右上っていう、私と同じ蹴り方だ(笑)

他グループでは、イラクVSイランはイラクの勝ちで終わり(どっかで録画放送しないんかね…)半分終わったところでイランはグループ3位という状況。ま、ポット1の国は来年の残り試合4つのうち3つホーム戦があるんでね。日本はさっさとグループ1位を決めて、6月の残り試合はオリンピック前のテストに使いたいって感じだろうね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3454

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

<<前月 2019年12月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ