ファインゴールが幾つもあった夜の未明に、旧メディアからキナ臭い…

J1は昨夜はセレッソ大阪VSサガン鳥栖、ジュビロ磐田VS湘南ベルマーレの2試合。
サガン鳥栖は1点ビハインドでフィニッシュのチャンスもロクに作れない展開だったのに、最終盤にまさかの同点に追いつき、さらにアディショナルタイム…まさか、、、まさかの味方ゴールキーパーのパントキックを前線で見事なトラップでおさめ、後方から4人くらいが前線に駆け上がってくる中、スルーパスから逆転ゴールを捻じ込んでの逆転勝利。

湘南ベルマーレは1点ビハインドで迎えた後半早々、左サイドを突破してグラウンダーのクロスに、中央でワントラップからの豪快ショットで同点に。さらにゴール右、ゴールラインすれすれの角度の無い所からゴールキーパーの頭を越すゴラッソ、、、まるで、あの伝説のファン・バステンのゴールのような逆転弾。さらには直接フリーキックが壁に当たって返ってきたところをダイレクトでアウトにかけたゴラッソ炸裂。
3発とも実にフットボールの醍醐味らしいファインゴールだった。

そんな夜がまだ明けない時間帯、旧メディア…2つのスポーツ紙でキナ臭いリーク記事が。それに対して早朝に(6:00AM頃だったか??)該当クラブがコメントをリリースというやや異常な展開。日中には通信社の配信の中で(きっかけは)匿名の通報があったとか、さらに株主企業が否定的なコメントをリリースするなど、ドタバタっすな。真偽のほどやコンプライアンス的な処理はJリーグが調査して発表するっていってるんだから待つとして、なんかキナ臭い。裏で誰かがガチャガチャやってる気配。
ま、いろんなことがありますけどね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3359

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

<<前月 2019年10月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ