日本人フォワードも努力していると書いたが…

昨日のエントリーね。
だけど、先日のACLを見てとても印象に残ったシーン(決定的なチャンスに仕留められなかったシーン)がり、最近フットボールのネタでいろんな方々とお話しする際はいっつも話題に出しているんだが、そのシーンについて、その選手のプレーについて足らないんだなぁ、、、と思ったりする部分もある。。。
残念なレベル、、、かも。
そのACLでのシーンとは…

試合の方は先制を許しながらも逆転したところで、もう1点奪えば勝利が見えてくる局面。結果的に、この後に同点ゴールを許してしまい、どうしても勝たなくてはならない一戦を勝ち切れず、ドローで終えてしまった。。。

日頃どういうトレーニングをしてんだろう…とは思いましたね。どんな意識なんだろう…ってね。
やっぱり強いシュートっていう意識なのか。
ちょっとタイミングをズラすとか、身体や目線でフェイクを入れるとか、そういうトレーニングはやってないのか??? そういう意識がまだ高くないのか。ドカンと蹴ればイイってもんじゃないだろ。
ある人が言ってましたね。その選手は、そういう所を決められればレギュラーになれるのに、、、なんてね。
メディアも是非とも聞いてきて欲しいんだよね、あのシーン、どういう感じだったのか、そして、仕留められなかったことをどう思ってんのか。

後方からのスルーパスにサイドからゴールに向かって抜け出した、、、ボールがやや後ろに入ったので、ボールが来た方向の足を跳ね上げてアウトで持ち出した、、、ここまでカンペキ。ゴールまで、ゴールキーパーと1対1、、、ここで見ていた私なんか、そこで素直にズドンと打つな~と思ったんだが、案の定、1、2の3、、、で蹴ってしまい、それでも凄い角度やコースに飛べばいいんだが、難なくセーブされてしまった…と。
あそこで、1、2の3、、、じゃぁタイミングを容易に合わせられるでしょ、ってば。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3268

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2019年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ