日本人フォワードだって、シュート技術・スキルの向上に熱心に取り組んでいることは観戦してる我々に十分伝わってるぞ。

何かと非力だぁ、シュートが下手だぁ、シュート技術が低いだぁ、仕留める意識や執念が足りないだぁ、、、等々と批判の的になる日本人フォワードだが、まぁ確かにそういう印象を受けるシーンはJリーグを見ていても多いんだが、それでも毎日のトレーニングでシュート技術・スキルの向上に熱心に取り組んでいることが見て取れる、その成果が結実したと思われるシーンだって幾つもある。

前節のJリーグで印象に残っているゴールの1つは、右斜め後ろから足元に入ったパスを左足でトラップして、持ち出さず、大きく軸足(この場合は右足になる)を踏み込まず、クイックに左足を振って、その時パワーを押し出すように背中を丸くして(←あれは足元にちょっと入りすぎたから、それをかき出すからそういう体勢になったんではないと思っている…)逆サイドのゴールに送り込んだゴール。
今節でも(まことに失礼ながら)この選手がこういうフィニッシュを決めるんだ…というような、逆サイドぎりぎりに文字どおり真っ直ぐな軌道で突き刺さる対角線ゴールもあったり、(海外から「翼クンのゴールだ」と絶賛の)見事なドリブリングから5人を突破してクイックにゴール右上に突き刺すゴールとかもあったし。
必死に努力してる、ってことは十分に伝わった。

これは中盤の選手のミドルシュートだが、打ちやすい右足側にワントラップでボールをを置いて、ワンステップで小さい振りで(あれを近年のTVだと振り抜きました…とか言っちゃうんだよな、なんでもね…)素晴らしいスピードでドライブのかかったショットもあったよなぁ。あれだって努力の賜物だろ。

ま、フォワードということだと、ペナルティエリア内でハードマークを仕掛けてている相手ディフェンダーを背中で制御して、足元に来たボールをワンタッチで浮かせてオーバーヘッド気味にジャンピングボレーで叩き込んだレアンドロ・ダミアンの一撃にはやられました(ノックアウトさた…魅了された…)よ。久保建英のコーナーキックのこぼれをダイレクトで突き刺したゴールより、、、私にはね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3267

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2019年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ