岡崎、またもヘッドで決勝ゴル。

吉田麻也のサンプドリアがアタランタと対戦した試合は、双方なかなかにソリッドで楽しめた内容に。
今シーズン、チャンピオンズリーグでも勝ち残っているアタランタは、実にコンパクトな戦い方で組織的。なんか見てて、昔の世界を相手に少しずつ階段を上がっていく日本代表チームを見ているような感じがした。

サンプドリアもこの相手に集中力ある戦いぶりで、パワーあるシュートも飛ばし、前節とは打って変わった内容。
吉田麻也も豊富な場数を感じさせるパフォーマンスで、前線へのフィードもなかなかに正確。アタランタのアタッカーとの対応も、序盤に裏に落とされたフィードボールも先に追いついて見事なトラップと、落ち着いたゴールキーパーへのバックパス。前半終了間際には、同じような裏へのフィードボールが頭上を越えて相手に渡り、ちょっとヒヤッとしたり、後半は前でカットしようとしたが処理しきれずにピンチになりかけたが味方がカバー。
…という感じで、まぁまぁの出来だったんじゃないか。
ま、試合の方は終盤にコーナーキックを(吉田の頭上を越えてファーで)ヘッドで合わされて、とうとう失点。続いて、またもコーナーキックから、こぼれ球をゴール正面から叩き込まれて追加失点。そこら辺は自力の差を見せつけられた感じか。

で、本日のタイトルの岡崎だが、DAZNでハイライト配信しか視てないんだが、ウエスカが先制して追いつかれて前半終了間際、右からのクロスを岡崎がダイビングヘッドで叩き込み、これが決勝点となりウエスカは2位をキープ。ま、サラゴサの試合が今日行われるわけだが、サラゴサが今日勝っても勝点では並ぶ状況。
しかし技術的にはナンである岡崎が、キャリアも残り時間少なくなった今でもこうして確かな活躍を見せるなんて(それも2部とはいえスペインで…)まぁ普通には誰も予想もできなかったよね。ウエスカでのトップスコアラーだし、PKを除いたゴール数だと第3位なんだそうだ。
立派。Great!!

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3691

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

<<前月 2020年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ