アトレチコ相手に圧巻と言ってよいパフォーマンス…なお試合の方は。

マジョルカはアウェイでアトレチコ・マドリードと再戦。久保健英はのっけで右タッチライン沿いでアトレチコの選手3人を翻弄して縦に突破するシーンを見せると、その後もアトレチコの守備を切り裂くドリブリングを度々見せ、これは圧巻のパフォーマンスと言ってよいだろう。
ゴールが無いだけのメッシじゃねぇか…と誰かが私に言ってきたんだが、なるほどそれくらい小気味よいドリブリング、ペナルティエリ内やゴールライン際でも細かいタッチのドリブリングを何度も披露。アトレチコの選手がボールを突けないし、飛び込めない感ってのは、これは凄いんじゃないか。
シュートもカットインして惜しいシーンがあったが、ま、もうちょっとパワーは付けば、、、という感じかね。

しかも忘れてはならないのは、週2試合でずっとプレーしていてのこのパフォーマンスってう点。
身体も強くなってるし、、、強いというか軸がぶれず、当たりにもバランスを崩さない。これを体幹の強さとだけ理解してては、イカンのじゃないかと思ったりするんだが(日本人はすぐに体幹で集約しすぎる…)しなやかさ、身体のつながり、等々といったものも語って欲しいなぁ。
それにしても久保にしてこれだけフィジカルを(今のところ)理想的に伸ばしているこちに関して、他の選手はどうなってんだよ…とは思いますけどね。

なお、試合自体はマジョルカは3失点で完敗。前節の勝利がフイになる完敗で、残留はまた厳しくなったか。。。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3686

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

<<前月 2020年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ