Jリーグの再開は日本の社会が一歩前へ進む大きな原動力となるはず…と行きたいもの。

昨夜J1が再開。どこの国も再開後は過密日程なんで、これにJリーグも加わり視聴する試合が増えてこっちはタイヘンではある。
それでもフットボールがある日々(この場合特にJリーグのある日々)が戻ってきたのは嬉しい限り。毎週ミッドウイークにも試合があり、まるで1993年のJリーグ創設時のよう。

本日のタイトルは、昨夜のNHK-BSでの実況中継のエンディングに杉岡アナウンサーが言った(確か)セリフ。
Jリーグの再開は日本の社会が一歩前へ進む大きな原動力となるでしょう…と言ったのかな、確か。。。
杉岡アナウンサーにしては(!)Jリーグに随分好意的な言い回しをしてくれるじゃないか、、、って一瞬頭をかすめたのはナイショ(苦笑)だし、たいへん失礼でした。他の誰かと一緒にしてはイカンかった。
(フットボール中継やってるのにアレの放送のテイストというかフレヴァーを感じさせるタイプとか、TVのスポーツ中継アナウンサーって結構タイプ分かれますよね、、、って、書いてる意味、わかっていただけると思いますが。)
杉岡アナウンサーは実況を聴いていてもフットボールにお詳しいし、元々フットボールがお好きな御方ですよね。
我々はNHKの実況アナウンサーの系譜もずっと見て来てるわけで、これまで脈々と受け継がれてきたNHKのフットボール中継における存在性・意味性を感じさせるアナウンサーになって行くのかもしれない。それは誰でも同じではないんですよ。

そう、Jリーグが日本の社会においてそういう存在として、また一般ピープルに、社会全体にそういう認識が高まって行って欲しいと願いますね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3687

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

<<前月 2020年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ