「FIFA TV」#WorldCupAtHome

YouTubeのFIFA公式チャンネルで、数々のワールドカップの試合がフルマッチ配信されております。
とうとう今日からは女子ワールドカップ(まずは2015年、日本とアメリカのファイナル…あのボコボコにやられた試合ね)も加わっているようだが。
これで再び視聴したのは、2018年の日本とベルギーの一戦だな。
後半2ゴールを先取しながら逆転負けを食らった、あの試合。
あらためてこの試合を視聴した世界各地から、日本の健闘やクリティを讃える声がとても多く嬉しくなる。もちろん試合の結果は悔しいが。
日本がアジア(のフットボール)の評価を高めている…というような賛辞は嬉しいね。

まぁ試合内容については今でも、いろいろ、いろいろあるが、細かいことはさておき、、、(当時のエントリーを貼っておくとして、、、)
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=2954
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=2955
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=3138

後半の原口の先制ゴールと乾のゴールは、今でもアゲアゲになるなぁ。
原口のゴールについては、中盤低い位置で乾が競り合いで巧みな身体の反転でボールを奪い、柴崎のロング・スルーパス、、、右サイドを駆け上がる原口にはベルギーのディフェンダーが追いついて寄せてきたが、それからボールを隠すように右へボールを置き、そこから右足で逆サイドへ突き刺す対角線ゴール、、、リアルタイムで私、打てッ!!って声出ましたもん。しかし、距離も角度も考えれb(しかも相手ゴールキーパーはクルトワだし)あそこで原口が余計な力みも無く、スピードのあるショットを放てるのは、これは日頃からの不断の賜物ですよ。できないよ、あんな舞台、あんな場面で。
乾のゴールもなぁ、、、距離は少しあったんだが、直前でケガをしてたのがよかったのか、力みもなく実にスムースなシュートフォームでゴールポストすれすれに沈みながら吸い込まれるファインショット。あのクルトワが全然さわれないんだから。

世界に勇敢さとクオリティとイマジネーションとインテリジェンスを披露するには、フットボールほど最適な存在、ツール、手段はない。
そのことをもう少しでも、日本人の多くが認識できたらイイんだけどな。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3633

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2020年07月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ