メンバー発表会見でベストメンバーを召集させてもらったとコメントしたとおり、ってか…

昨夜はパラグアイとのテストマッチ。ま、パラグアイはお疲れで序盤から日本の自在な攻撃が炸裂…って感じでしたかね。どこ相手でも、こんな攻撃をやってのけたら、美しいフットボールだって全世界から称賛の嵐だろうな。
パラグアイはこのインターナショナルマッチ・ウイークの次戦はヨルダンだって?? そりゃまことにお疲れさまってところだ。FIFAが同一地域でしか試合しちゃイカンことにしちゃったんで、ワールドカップ予選が始まっちゃったアジアだとこういうことにもなってしまう。ま、日本はいつもこんな移動やってんだけどな、、、選手の負担が大きすぎるだろ。

試合の方だが、前半の2ゴールで2-0ということだが、後半頭から右の堂安に替えて久保健英、左の中島翔哉に替えて原口を起用。もちろんお試しの意味合いだが、久保は右サイドに張ってばっかりで、前半に右の堂安、左の中島が中に入ってきて大迫、南野とイイ距離でイマジネーションある攻撃を組み立てていたのと対象的。もちろんマイナスの意味で。
あと、サイドバックのインナーラップをやらないんだよなぁ。前半、左サイドで少しあったけど。
このテストマッチの中盤底は柴崎と橋本健人だったが、橋本もソツなくプレーしていたと思うが、ま、これくらいやりますよ。シュツットガルトにシント・トロイデンからレンタル移籍した遠藤航を使うと思っていたが、日曜日に試合があったので考慮したんだろう。だけど、橋本にフルタイムのプレーをさせたんで、ワールドカップ予選初戦は遠藤だろう。
シャドーの位置で南野をフルタイム使ったんだが、そこはどうするんだろうな。まさか南野をスタメン起用するのか??

終盤、柴崎に替えて(休ませて)板倉を起用したが、板倉のミスが目についた向きも多かったと思うが、元々あんなもんでしょう。6月のコパ・アメリカでは出場2戦めのプレーは1戦めより相当よかったんだけどな。だけど、板倉はプレーメイカーではないので、柴崎を休ませた時に誰がプレーメイクするんだ、、、ってところ。まぁ、遠藤航にしても、あるいは板倉とかにしても、柴崎ほどのプレーメイク、イマジネーション発揮ができなくても、中盤センターとして普通のレベルの展開力を備えてくれりゃイイんだけどな。

前線については、大迫を下げて永井を起用したが、永井の1トップで南野のシャドーって、ちょっと固定的にすぎないか?? 永井なら2トップにした方がイイんじゃないかね。

冨安は前半はセンターバック右で、後半が右サイドバックで。文句のないパフォーマンスだったんじゃないか。冨安レベルが3人居ると、何かと大いに楽なんだけどな。

ワールドカップ・アジア2次予選が始まって、ウズベキスタンがアウェイでパレスチナに0-2で敗れておりますな。日本のグループだと、10日に日本が対戦するミャンマーが、アウェイとはいえモンゴルに0-1で敗れているあたりが目を引いたところか。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3384

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

<<前月 2019年09月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ