確かにゴールを決めたシュートは上手いな。

昨夜のJ1は、首位のFC東京がホームに川崎フロンターレを向かえた一戦。フロンターレはこの一戦に向けてしっかり準備をしてきたようで、いつもこういう臨み方をしてくれりゃ、もっと楽しい(見どころ十分になる)んだが。
FC東京はやはり(ぶっちゃけさせていただくと)ゴリゴリ行くだけ…っちゅうキャパの底が露呈されたような。久保健英が居なくなって、アクセントやイマジネーションの欠如が明白、、、だったんだが、それでもこのところ上位対戦をよい結果でモノにしてきていたが、あれは何だったんかと。対戦相手に問題があったんか?? と思える(確認できる)ような内容。まぁね、長谷川監督のフットボールも、ガンバ大阪の頃と変わってないしな。こういう選手を配して、前線はこうこうで、、、っていう。それで優勝云々は、ちょっとありえんだろうって。

ま、集中度とインテンシティの高い、なかなか楽しめる試合内容であった。アテンダンス(観客)も大入りで、いつもこういう試合をやってくれ。

で、本日のタイトルはその一戦のことではない。
昨日エントリーしたユニバーシアードのファイナルから、上田綺世のことね。
前半はまた(コパ・アメリカ同様)これを外してくれちゃんか、、、っていう感じではあったんだが、先制ゴールとなったPKは、右上に突き刺す実に上手いPK。
これでフィーリングを掴んだか(ブラジルが1人少なくなったこともあって)スルーパスに見事に裏へ抜け出し、左へ持ち出しながら右サイドで沈める2ゴールめ、そしてハットトリックとなる3ゴールめも、これも後方からのフィードに裏へ向けだしてゴール右から逆サイド上へ突き刺すエグい見事なショット。
どうやら、ワンタッチめが決まれば十二分にファインショットをマウスに沈めるテクニックを持っているらしい。これが、ユニバーシアードではなくプレッシャーのキツい、スペースの無い、イテンシティも激しい試合でできるようになってくれるかどうか。
個人的には、日本の3点めとなった、左サイドから右足アウトで速いグラウンダーのボールを入れ、2列めから旗手が抜け出してゴール左寄りへ持ち出し、ゴールキーパーの股を抜いたショットがよかった。もっとも、ゴールキーパーのパフォーマンスがやや低かったので、その分マイナス(?)か。

まぁね、上田綺世については、日本のメディアはどれもこれも、上田のハットトリックで優勝…としか伝えないわけだが、それは確かにそうではあるんだが、前半の決定的なチャンスを逃したことも含め、あまりに単純すぎる報道を相変わらずしてんだもんな、、、っていうところだ。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3331

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2019年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ