A代表もとうとう3バックか…

昨夜はキリンチャレンジカップ。とうとう森保監督十八番の(?)3バックだったですな。
ところが低調なパフォーマンスでスコアレス。海外でプレーする選手たちはシーズン終了したところで疲労も蓄積しているだろうし、同情するところはある。だけど普通に、同じ3バックシステムでもトゥーロンにいるU-22の方が全然見どころあったんだが。
ま、単純にそういうことを言うべきではないけどね。

それでも、ウイングバックの人選が違うんじゃないかね。酒井宏樹と長友じゃダメってことじゃなく、旧式の3バックでなくてコンテンポラリーな3バックシステムをやろうとするなら、4バックのサイドバック仕様の選手じゃないだろ。それだと5バックみたいなもんだし。
あと、1トップ+2シャドーにこだわらなくていいんじゃないかね。1トップならもっと裏抜けを狙わせるとか。中盤センター2枚のうち、1枚がもっと攻撃的に行かないと、普通に4-2-(もしくは4-4-2で1枚がシャドー的なシステム)よりも中盤の枚数が少ないんだから。
そうしてみると、3バックシステムで起用する選手選択が違ってくるんじゃないか。
昨夜も選手交替しても、同じポジションでの単純な入れ替えに終始。もちろん昨夜はテストの意味合いなのはわかるし、これまで中心的存在だった選手たちを(だからということではなく近くワールドカップ予選が始まるから、なんだが…)起用した意図もわかるが、今後3バックシステムをやるなら、人選が違ってくるんじゃないかと思いますけどね。
森保監督は4バックも3バックも原理原則は変わらない…などと常々言っているが、それはわかるが、だけどより適任な選手のチョイスは変わって然るべきと思いますけどね。

次のテストマッチは今週末日曜日。いくらテストだのお試しだのと言っても、こんな内容の試合してちゃ、世間一般の関心なり、例えば地上波TV視聴率もそりゃ下がるわな。
視聴率を稼ぐためにやってんじゃないけどな、、、国際競争性の著しく高いフットボールではそんな遊びしてるわけにはいかないんだけどな、、、それでも一応、ね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3292

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

<<前月 2019年06月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ