チャンピオンズリーグ、セミファイナル…2日続けて大どんでん返しとな。

アウェイでの1stレグを1-0でホームに戻ってきたアヤックス。アヤックスとバルセロナのファイナルは夢と消えたが、ヨハン・クライフ・アレナにトットナムを迎えた2ndレグ。
キックオフから5分でコーナーキックから先制。さらに追加点。前半で2-0に。アウェイゴールも1つあり、このままアヤックスの勝ち上がり、、、と思うよね、普通。
ま、ぶっちゃけ私なんかもそれを望んでたのはナイショだが(笑)

ところがトットナムも抵抗を見せる。後半から動きの量とスピードが増す。55分(後半開始から10分)ほどで1ゴール返し、さらに5分後にもう1ゴール。この試合を2-2に追いつく。まだそれでもアヤックスがアグリゲートスコアでリードだし、まだ時間は30分あるし、、、ここからアヤックスもあわやゴールという惜しいシーンを幾つも作るし、トットナムがアヤックスのゴールに迫る時間隊が何度も訪れたりするし、とうとうアディショナルタイム。
アディショナルタイムの表示は5分。
実況中継ではその5分を経過したその時、よもやのルーカス・モウラのハットトリックとなるゴールがネットを揺らし、とうとう逆転。アグリゲートスコアは3-3だが、もう説明する必要もなく、アウェイゴールでトットナムの勝ち上がりに。
内容的にはまぁ少々(…というのもかなり遠慮した表現のつもりだが)物足らないが、そういうハナシを超えた領域になってしまった。
いやはや、何なんっすかね。ちょっと言葉が出なかったですよ。

ヨハン・クライフ・アレナの大観衆の、しばしの静けさの後の大きな拍手が、なんとも言えない感情を引き起こしてくれる。日本でよくある生ぬるい(!?)拍手とは全く違うものと思いましたね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3264

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2019年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ