NHK-BSでの再放送よりずっと楽しめた、「Jリーグチャンネル」1993年5月15日のヴェルディ川崎VS横浜マリノス。

リモートで当時のピッチでプレーした選手たちをゲストに語り合いながらで、実に興味深い話も聞けて、大いに楽しめた2時間だった。
しかし相変わらず音が悪いので、もうちょっとなんとかするようにした方がいい。素人の配信じゃないんだから。
この試合は先月NHK-BSで再放送されたばかりだが、そっちは当時の放送の再放送だったけれども、当時の放送ブースでのコメンタリーがあまりに内容がなかったことを再度確認、、、というか強く認識(苦笑)
これくらい乖離してるってことですよ。「背広組」(あ、「背広組」っていうのは正しくなく、アマチュア時代の元選手なわけだが、、、ま、元選手やプレイヤーでない正味の「背広組」も多くなってるが…)との間が。
そこが埋まらなければ、日本のフットボールもなぁ…っていう感じだ。

視聴するたびに新しい発見があるんだが、昨夜の視聴では、井原がやっぱりイイ選手だなということと、マリノスのラインコントロールだったり、それよりもマリノスの中盤底の野田のプレーが実に目を引いた。
先月NHK-BSで視聴した時はマリノスの左サイドバックの平川が新鮮に目を引いたんだが、昨夜は野田。前半、ヴェルディが先制した直後、マリノスが左サイドで水沼と平川と木村和司の関係で崩しにかかっていた局面でボールをヴェルディのディフェンスに右タッチライン沿いに弾き返され、それを井原がフォアリベロのプレーでボディコンタクトで競り勝ってハーフウェイライン手前の野田へ送り、野田がワンタッチで右足アウトでビスコンティ(もしくは木村和司)へ通したシーンなんてナカナカにシビれたし。
ゲストの皆さんからも、この試合、野田がほんとに効いてた…というコメントも飛び交ってましたね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3637

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

<<前月 2020年08月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ