皆川~って叫ぶこと数度の前半、そして後半…実に惜しい失点。

昨夜のクラブ・ワールドカップ、リバープレートVSサンフレッチェ広島。1トップに佐藤寿人でもなく浅野でもなく皆川をスタメン起用したのは、いろいろ意見はあるだろうが、でもわかるんだな。前線からの守備のことや、疲労のことや、いろいろ。その皆川に期待できない感があったかもしれないが、よく奮闘したとは思いますよ。でもな、3回はあったよなぁ、、、決められそうな場面。

一番最初の、青山のディフェンスライン裏へのフィードに抜け出してゴールキーパーと1対1になった場面が、最も惜しかった。あれを浮かさないで決められるか…これはもう場数だよな。裏へのフィードが結構通るんだな…と、TV中継のコメンテーター席の岡田武史氏が口にしてたが、ああいう裏狙いの長いボールはあってよいんだよ、日本フットボールも。
で、3つめの惜しいシーン、、、青山の速いグラウンダーの縦パスをトラップがちょっと決まらなかった…それでも身体をもっていってよくシュートを打ったが。これも相手ゴールキーパーに阻まれる。だが、その時間帯くらいから、身体がこなれてきた感じで、茶島へポストプレー(胸トラップからスルーパス)を出した場面など、素晴らしかった。その後の茶島のプレーも、ドリブリングでペナルティエリア内に入って、スピードダウンしたのでオイオイと思ったが、右へ持ち出して惜しいシュート…だが、あれはもうちょっとでも右上に飛ばないと手の長いゴールキーパーに対しては決め切れないんだな。
というわけで、掛け値なしの善戦ぶり、奮闘ぶりが光った前半。
ただ、後半になるとやはり、中2日、中2日、中2日…の過密日程の故であることは疑いの余地なく、疲労の色が濃くなってきた。ドゥグラスも明らかに足がもつれてきたが、最後までドゥグラスを交替させなかったのは、駒が足りないよなぁ。柴崎も野津田も欠いてるんだ。
失点シーンは、あれはひとりの責任にするつもりはないが、やはりゴールキーパーの林のミスだわさ。なんでパンチしなかったのか。拮抗した状況で、あれはやっぱりイカンよ。

というわけで、実に惜しい0-1の敗戦。リーベルも長旅と試合間隔の点でよいコンディションではなかったとはいえ、こういう試合いができることはJリーグの大いなる成果。そこにゴチャゴチャと、足を引っ張るような、揚げ足をとるような、しょうもない突っ込みをする余地はないぞ。まだまだ、もっともっと行ける。
この試合のことではないが、サッカー関係者からのヘンな(妙な)ネガティブ発言もいい加減にしてもらいたい…ま、それも商売故なんだろうが。もっともっと盛り上げ、もっともっと根を張り、もっともっと行ける。行かなくちゃならない。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/2024

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2019年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ