J1昇格争い…昨日の動き。

先々週末と先週ミッドウイークの結果を受けて、FC東京とサガン鳥栖の昇格は見えてきたと思ったが、先週末(一昨日と昨日)の試合でコンサドーレ札幌と徳島ヴォルティスが勝ち、サガン鳥栖はドローで、やっぱりまだまだわかんない。

FC東京にしたって昨日はドローだし。昨日の試合で一番面白かったのはジェフ千葉VS徳島ヴォルティスだな。もう勝点3ポイントを積むしかないジェフ千葉のホームで、徳島ヴォルティスが勝っちゃった…こういうシチュエーションは燃える。どっちに片寄ってしまうかはナイショだ。ジェフはなぁ、序盤にもらったPK失敗が痛かった。ややジェフ寄りのジャッジだったと思うがね、、、PKを止められる時って何となくわかるよね。ゴールキーパーが集中して動かない場合。この試合も内容的にはゴツゴツ、ガチガチであんまり高いレベルではなかったかもしれないが、勝点3を積むことだけにこだわった試合も非常に面白い。徳島ヴォルティスの徳重のパフォーマンスが目を引いた。その一方で柿谷が随分おとなしかったようなんだが。
そして昨日の夜は、J2最下位のFC岐阜のホームでサガン鳥栖が大苦戦。やっと追いついたと思えばカウンターで突き放され、最後は4-4のドローに持ち込んだ試合。いわゆる「おバカ試合」だったが、なかなか面白かった。これでサガン鳥栖と徳島ヴォルティスの勝点差は「2」で、徳島ヴォルティスのホームで直接対決が残ってる。こりゃぁわからん。
ジェフ千葉はまだ可能性はあるけども、昨日の試合を見ていてもチームの戦い方ができていないんだが。中盤になんであんなに人数だけいてプレッシングがないのか、攻撃に枚数をかけられないのか、やや自信喪失っぽいのだろうと思うが、普通にJ1復帰は無理だろ。来シーズンは抜本的に作り直しをしないと。

ファジアーノ岡山の植田の58メートル(??)のヘディングシュートが話題になってるが(ナンと、今朝の民放のワードショー番組でも取り上げたところがあったらしい)実は私も大昔に、これと同じようにゴールキックを直接ヘッドでゴールしたことがある。私の場合は、敵陣に入ったセンターサークルの辺りだったと思うんで、距離的にはだいぶ短い。ただ、バウンドせずにゴールキーパーの頭上を抜いて入ったんだけど。でも恥ずかしかったな。だって少年サッカーみたいなんだもん。恥ずかしいと逆に大袈裟にガッツポーズしたりして…

昨日の味の素スタジアムのFC東京VS東京ヴェルディの観客は3万5911人だったそうだが、これはJ2最多ではない。J2最多は2003年11月23日のアルビレックス新潟VS大宮アルディージャの4万2223人だ。震災やらいろいろあった今年、Jリーグの観客数は十数%減ということで、だいぶ落ち込んだけれども、それでも私は健闘した方だと思う。地方各地に各チームがあるということも含めて。もちろん良くないさ、全然いいわけがない。プロ野球は一ケタの減だとか言っているようだが、そもそもの数字が怪しいので(何が「実数発表だ」よ、ってなもんだ)単純に比較するのは誤り。

今日からU-19アジア選手権の予選。U-18代表がタイに乗り込んでいる。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/514

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2020年10月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ