インターナショナルマッチ・ウイーク明け、今年はJ1は残り(基本)4試合。

秋になってデイマッチで試合が組まれることが多くなり、時間差でキックオフされる今日とかは次々に試合が視聴できて嬉しいところ。
11月にワールドカップが開催されるために、10月になったばかりだがJ1は今日を含めて残り4試合(未消化の試合がある場合は残り5試合とか6試合)。例年より1ヶ月早い進行。
ルヴァンカップ、天皇杯のカップ戦も当然ファイナルが早く、10月16日(日曜日)は天皇杯のファイナル(セミファイナルは10月5日)で、10月22日(土曜日)ルヴァンカップのファイナル、というスケジュールになっている。
で、その週末はJ1は開催しないんだよな…J1は今日一斉開催で、次節は8日(一部の試合は12日にミッドウイーク開催あり)でその次(第33節)は29日、最終節(第34節)が11月5日。
なんでインターナショナルマッチ・ウイーク明けに再開したのに2週間また空けてしまうんだろうなー。。。
イングランド・プレミアリーグだって、カップ戦のファイナルがあっても他のクラブは普通にリーグ戦やってるんだけどな。日本もそうしましょうよ。。。

…と以前から思ってるんだが、特に今年はカップ戦ファイナルが2週続けて開催されるもんだから、余計にそこが目につく。優勝争いにせよ残留争いにせよ、ACL出場権争いにせよ、折角のリーグ終盤戦に水を差すことこの上ないだろうって。しかも超過密で日程消化してきた今年なのに。
カップ戦ファイナルの開催日にJ1を開催しないことで、スポンサーの顔を立てているのかもしれないが、それはまた違う観点と思うし、リーグ戦の価値の方を明確にするべきだし(タイトルと証して「チャンピオン」もカップウイナーもごっちゃにしてしまう日本のフットボール・フリークが多い状況はどうかと思ってる…)考え方を変えて欲しいと思いますね。

ちなみに10月22日、ルヴァンカップのファイナルが行われる日は、今日延期になった(残留争い天王山の静岡ダービー)清水エスパルスVSジュビロ磐田が代替開催されることとなり、ルヴァンカップのファイナルは13:00キックオフなのに対してこちらは16:00キックオフということで、さながらこの日は残留争い静岡ダービーがメインイベント、ルヴァンカップのファイナルがこの日のセミファイナル…かな、、、などというようなことを言ってはイカンかもね(笑)

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/4505

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2022年12月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ