またオーストラリアと同組か…と思ったよね、ワールドカップ・アジア最終予選グループ分けドロー。

本日16:00(日本時間)からだったんだが、実にアッサリと終わりまして(笑)
ポット2のオーストラリアと韓国のどっちと同組になるかという点だが、今回は諸般の都合で(えっと、日本のそっち業界の商売の面から…)韓国と同組にさせられるかと(私は)思っていたが、そっちじゃない(日本以外からの)諸般の都合というか思惑が働いたのか(どうか知らんが…あるいはAFCにはそれは無関係というか通用しなかったのか…)またもやオーストラリアと同組に。
ついでにポット3からはサウジアラビアと同組に。
あれ、これって2018年ワールドカップの最終予選と同じじゃないっすかね。
また、オーストラリアと同組は4大会連続。オーストラリアがオセアニアからアジアに転籍してきてから毎度(ずっと)最終予選を戦っていることになる。別組でイランと韓国が同組になるのも、こちらも当然4大会連続ということにもなる。

ポット1は最後に開けたんで、当然それまでに2つのグループの他の顔ぶれは決まっているわけで、グループAに入るのかグループBに入るのか(先に日本が引かれるか、イランが引かれるか)そこはまぁちょっとはキンチョー(?)したかな。ドロワーがなんだかタメを作りやがるし、、、キンチョーというよりシューチュウーか(笑)

というわけで、オーストラリア、サウジアラビア、ポット4からは中国、ポット5からはオマーン、ポット6からはベトナムと同組(グループB)ということに決定。
サウジアラビアは近年の状況からして、手強いかもしれない。
とはいえ、日本の戦力充実ぶりからすると、他国から見れば日本とは同組になりたくなかっただろう。。。

ちなみにグループAは、韓国以外は全て中東。これはこれで、どういう展開、そして結末になりますか。

なお、最後の「1枠」は中南米の4位との大陸間プレーオフを戦うことになる。

AFC(アジアフットボール連盟)はセントラル開催を希望したそうだが、FIFAから(当初どおり)ホーム&アウェイでやるようにと言われたらしい。

で、対戦順はこれで合っているかな。。。
9月2日(木曜日)オマーン(ホーム)
9月7日(火曜日)中国(アウェイ)
10月7日(木曜日)サウジアラビア(アウェイ)
10月12日(火曜日)オーストラリア(ホーム)
11月11日(木曜日)ベトナム(アウェイ)
11月16日(火曜日)オマーン(アウェイ)
2021年
1月27日(木曜日)中国(ホーム)
2月1日(火曜日)サウジアラビア(ホーム)
3月24日(木曜日)オーストラリア(アウェイ)
3月29日(火曜日)ベトナム(ホーム)

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=4036

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/4048

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   

<<前月 2024年02月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ