南野の今シーズンのイングランド最終戦は2トップの一角でプレー。

昨日はアトレチコ・マドリードがバジャドリードのホームで優勝を決めた件をエントリーしたが、バジャドリードのホームスタジアムも実に素晴らしいスタジアムで。
バジャドリード如きでも(←まことに失礼ながら…)こんな素晴らしいスタジアムを持ってるんだもんなぁ。
1階席の傾斜も素晴らしい。
さて、サウサンプトンの最終節はウエストハムとのアウェイ戦。
ウエストハムのホームスタジアムは、2012年のロンドン・オリンピックのメインスタジアム(陸上競技場)だ。現在でも陸上競技場としても使われている。
日本人は是非ともウエストハムのホーム戦を見て、「多目的」スタジアムでのフットボールの試合環境はこういうものだと学習してもらいたいもの。
ま、ロンドンですら、可動席の設置に相当なコストを要したらしいが。

さて、南野はこの試合、最近の4-4-2の中盤右ではなく、2トップの一角でスタメン。ま、試合が始まってみるとシャドーの位置のような感じだったが。
中盤右に起用したい選手が居たからなのかどうか、わからんが、仮にそうであったとしても南野の置き場所に相変わらず悩んでいるんじゃないか…と言うと、うがち過ぎだろうか。
その南野、序盤に味方と2枚で相手ディフェンダーにプレスをかけ、そのプレスで奪ったわけではないが(相手のミスで)拾ったボールをドリブリングでペナリティエリア内に入ったが、ここで迷ったか、スピードが遅くなり、結局パスを出したがカットされてしまった。
ズドンとフィニッシュしてもよかったんじゃないかと思うが。。。
10分あたりに今度は絶好機。自軍ゴール前からのカウンターで、ゴール正面やや左でスルーパスを受け、出てきたゴールキーパーの左肩口をループで越すフィニッシュを放ったが、左ポストをかすめて外れてしまった、、、あれはなんとしても決めてくれないと。。。
結局、この位置でプレーするなら、決定的なゴールに直結する仕事を90分間の中で何度かやってくれないと、存在感が無いと考えられても仕方ない。
その点で、やはり物足らないよなぁ。

リヴァプールは最後の最後で来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得。
さて、来シーズンの南野がプレーする場所は一体どこになるんだろうか。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/4011

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

<<前月 2024年06月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ