武藤嘉紀、カップ戦だけど1ゴール・1アシスト。

カップ戦(コパ・デル・レイ)2回戦、相手は3部(セグンダB)だが、武藤はスタメンでダイビングヘッドで先制ゴール。
中盤に下りてきてボールを受けて、ドリブリングして右へ展開、その後スピードを上げて前線へ、、、というストライカーが自分で作ってフィニッシュする典型的な形。
右からのクロスが来るのに手数がかかったので、その間に味方の左サイドハーフが中央へ入ってきたので武藤はその裏(ファー)にポジショニング。その味方の頭上を越えてきたボールをダイビングヘッド。

続いてスローインをバックヘッドで流して相手ディフェンスラインの裏に落とし、アシスト。
なお、試合の方は後半にもエイバルが1点追加して3-0としながら、その5分後くらいから6分間で3失点してしまい、3-3で延長戦に。
エイバルは(多分この日は使う予定でなかった)乾やブライアン・ヒルを投入して、ブライアン・ヒルの突破から決勝ゴールを捻じ込んで4-3で勝ち上がり。
まぁ、凍りついてるピッチの上でのプレーは非常に困難だったろうが、それでもまさか、この試合を120分視ることになるとは思わんかった。。。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3874

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

<<前月 2021年03月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ