相変わらず地上波TVでJリーグの試合を扱うときは今でもこうっすか…という感じ。

昨日エントリーしたレガネスVSレアル・マドリードのDAZN実況では、今シーズンのレアルはペナルティエリア外からのミドルシュートによる失点が無いことに触れていたが、そういうデータ系って日本人は好きなはずなんだけどな。
フットサルは単純な数値が出しにくいというか、△△にもわかりやすい数字の種類が他のアレと比べると少ないもので、日本人の思考力や想像力の低い大多数の人にはわかりにくい、何を見ればいいのかわからん、というハナシも出てくる。
だから、こういう興味深いデータを伝えてやりゃイイわけだし、単純思考・単純発想の日本人にも面白がってもらえるデータもいろいろ仕込めると思うんだがな。

で、今週ミッドウイークにJ1が行われたんだが、その翌朝、たまたま地上波TVの情報番組らしきモノを目にしたら、ちゃんとJリーグの試合も取り上げて、そこそこの尺で映像も流しておりまして、割と最近取り上げるよ…とは聞いてたんだが、それを自分の目で確認した次第。ゴールシーンだけだけどね。
ただ、あるゴールシーンよりも、面白い(?)(私には全然面白くもないが)ゴール後のパフォーマンスやセレブレーションの映像を流す時間の方が長いという、いかにも地上波TVだなぁと。
また、別の試合についても、逆転の3連続ゴールのうち、これまたぜひとも一般ピープルに見せたい2つめのゴールの映像は流さないし。その前後の2ゴールをあげた選手にフォーカスする(人にフォーカスするしかできない)手法っすかぁ、相変わらず。
そんなワケのわからん意味があるとも思えないゴール後のパフォーマンスやセレブレーションを長々流すより、そういう肝心なゴールも見せたり、なお重要なことは全試合結果をフリップなりCGでも表示しないって、ナンなんだよと。

しかしDAZNのプレビューショーとかゴールハイライトとか、Jリーグが関与して地上波で流すようにはできんのかね。DAZNが視聴者数を気にするのなら、「ジャッジリプレイ」のように時間差で(何日か遅れで)流してもイイんではないか。
早朝でも深夜でもよろしい。そういうことに、もうちょっとでも努力すべきではないのか。何もしてないとは思わんけどね。

ところで、冒頭のレガネスVSレアル・マドリードで実は最もインプレッシブだったのは、キックオフ5分すぎあたりのレアルのバルベルデがゴール正面、ペナルティエリア外5メートルちょっと辺りから放った右足アウトでのシュートシーンなんだな。
右アウトでゴール左隅ギリを狙ったシュート。レガネスのゴールキーパーもよく反応して辛くも触ってコーナーキックに逃げたんだが、そのセーブも素晴らしかったんだが、なにしろアウトにかけたインプステップ気味のショットには条件反射的に萌え~となってしまう。それってもう何十年も何十年も前からの性(さが)だな。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3707

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

<<前月 2020年11月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ