スタメンでプレーした試合に続いて、今度は終盤20分ほどプレーした南野はどうだったか…

ま、もう5日ほど前の試合になるんだが。イングランド・プレミアリーグの再開戦で南野はスタメン起用されて45分間のプレー。続く再開2戦めではベンチスタート。リヴァプールが4ゴール奪って勝負は決まった後、74分あたりでフィルミーノに替わってピッチで。
前回スタメンでは3トップ右だったが、この試合ではフィルミーノの位置、すなわち3トップのセンターに入った。

いきなり右サイドのサラーからペナルティエリア内の南野の足元へピタリと鋭く付けるボールが入ったが、トラップは決まったものの反転しようとしてボールタッチが乱れて相手ディフェンダーに突かれてしまった。
その後もう一度サラーからボールが入ったんだが、決定的なシーンには持って行けず。
あとは全体的にあまりボールを貰えなかったり、動きの感覚がやっぱり違うのか、まぁこれだとなかなかゴールは決められそうにないなぁ、、、という印象ではあるかなぁ。
一度、右サイドからの速い低いクロスに南野も中央で飛び込んだんだが、あれが抜けてくればスライディングで合わせてゴール…だったかも、というシーン。言い換えると、ああいう点で合わせるシチュエーションでないと、南野のゴールシーンを見ることはなかなか叶わないかもしれない。
…ということっすね。
ま、やって行くしかないんでね。今シーズン中にそろそろ一発決めないと。

この試合の翌日に行われたチェルシーVSマンチェスター・シティで、シティが敗れたためリヴァプールの30年ぶりの優勝が決定。南野もチャンピオンっていうことに。全然貢献してないが(苦笑)
それでも岡崎(あのミラクル・レスター)に続く日本人イングランド・プレミア優勝ということだわさ。
リヴァプールもシーズン中止ということにならなくてよかっただろう。これだけブッチギリの独走してきててシーズン途中終了(で優勝にしてもらえない…とか)じゃぁ、目も当てられんところだった。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3682

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2020年07月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ