NHK-BSの放送コンテントよりDAZN「Re-LIVE」のコンテントの方が見所あった件。

昨夜は18:00からNHK-BSで2000年元日の天皇杯ファイナル、名古屋グランパスVSサンフレッチェ広島が放送され、19:00からDAZN「Re-LIVE」で1994年6月11日のジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島(サンフレッチェが1stステージ優勝を決めた試合)が配信されたが、1時間ほど丸被りだったんだが、後者の方が内容的にも見所があったっていう。。。
もっとも、DAZNは新たな実況とコメンタリー付きなんで(昨日は下田アナウンサーと風間八宏氏)当時の放送コンテントのまま流しているNHKとは事情が違う(いわばアドバンテージ…)わけだが、それでも試合内容そのものが。

この試合でのストイコビッチの「ピクシー」の愛称どおりの華麗な舞いからのゴールは何度見ても飽きないし美しいが、名古屋グランパスの天皇杯優勝の試合なら、1996年元日の初優勝の方が、もうちょっと見所があったような気がするが。もちろんその時もストイコビッチのプレーは素晴らしく、この1995年シーズンはJリーグMVPを受賞してるんだから。

ところでDAZNでは、昨年のコパ・アメリカ(南米選手権)の日本の試合を配信し始めてる模様。まだ初戦のみ。数日間隔を置きながら第2戦、第3戦と配信するらしい。
DAZN「Re-LIVE」のJリーグclassic の次の配信コンテントは、2006年12月2日のセレッソ大阪VS川崎フロンターレがスケジュールされている。何でまた、この試合??
会場も長居スタジアムじゃなく長居第2陸上競技だし、そもそもこの試合はセレッソがJ2降格に憂き目にあった試合だろ。コメンテータを見ると、どうもフロンターレ目線で配信するようだが。フロンターレがJ1再昇格2年めで(誰も予想してなかっただろう)2位でフィニッシュしたシーズンね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3645

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2020年07月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ