実は割と面白かった、2000年11月26日のヴィッセル神戸VS京都パープルサンガ。

昨夜DAZNで配信開始されたタイトルの(なんともニッチな)試合。いや、実はこれが割と面白かったのであった(笑)
もちろん、なんでこの試合をセレクトしたのかは変わらず謎ではあるが…
ま、内容が濃かったとかクオリティがあったということではなく、、、いろいろ興味深くて面白かった…っていうところ。

選手のレベルというかクラスもJリーグ草創期より平準的に随分向上しており、ただそれでも、残念な部分は多々多々あるわけだが。
そりゃ、YouTubeでFIFA公式(「FIFA TV」)で配信してる2018年ワールドカップの日本VSベルギーなんて見ると、全然クラスが違いますがな。ワールドカップっていう舞台だからじゃなく、ね。いやむしろ、ワールドカップでのギリギリの勝負の中でもあれだけのパフォーマンスができる(できてる)なんて、そりゃ2000年時点での次元をはるかに凌駕しておりますよ。
ま、この世界社会状況の中なので、よーつべ「FIFA TV」でめっちゃいろいろ配信されてますので、ご覧になってください。

京都パープルサンガだが、若き日の遠藤保仁が中盤底でプレーメイクしてて、これまで新鮮で実に楽しめた。その後の長いキャリアを通じて見せ続けているパフォーマンスの一端というかタタズマイを十分感じさせつつ、もはやチームのハンドルとして存在感十分。
怖さの点だとか勝負を決める存在性だとかという点では、まぁ遠藤らしいなぁというところもね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3631

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

<<前月 2020年08月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ