ACLファイナル、まあ完敗ですわな。

アウェイの1stレグから0-1で戻ってきてホームでの2ndレグだが、戦前から相当難しいと思ってて、周囲の仲間たちにもそう話していたんだが、やはり奮闘むなしく完敗という昨夜だったかな。
惜しいチャンスも前半に2つほどあったが、もうあとわずかでゴール…というレベルでもなかったし、相手の守備もプレスも一定以上のレベルを維持してきた90分だったんではないか。後半はほとんどいいところなく、押し込まれ続けて失点は時間の問題ではあった。

頼みの綱の(私は確信的にそう思ってたんだが…)ファブリシオの大砲も、相手への応対に追われてか不発に終わるし、ファイナルサードでの枚数が少なすぎてフィニッシュに至らない。ま、前半の2つほどのチャンスは後ろから枚数が出てきて厚みがあったわけで、まぁそういうことです。
相手はボールホルダーにきっちり素早く寄せてくるもので、前を向けないし、常に窮屈なプレーをさせられていた感がある。ま、駒がどうしたって足りないわな。タレントも足らない。相手の攻撃にもう少し戦術的対応策を見出してくるかとも思っていたが、システム的には精度を高めただけで臨んできた感じだった。
それ以外にも、個の能力で見劣りする部分が多々あったと言わざるをえないんじゃないだろうか。
サイドで作って、逆へ振って、折り返して、振ったサイドのアウトサイドの選手が中に入ってきてフィニッシュ…という、相手のこの攻撃は見事。モダンだよな。2戦ともこれでやられたわけだし。
まぁよく浦和レッズはファイナルまで残ってきたと思いますよ。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3464

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2020年07月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ