ゴールは決めたが、試合を決定づけるゴールに繋がるボールロスト…

トルコは長友が所属するガラタサライが、ミッドウイークにファイナルがあったカップ戦に続き、週末は残り1試合を残してリーグ優勝(2連覇)を達成。昨シーズン冬の移籍でガラタサライに加入した長友は、2シーズン連続優勝という成果をあげた。
というわけでチャンピオンは決まったわけだが、トラブゾンスポルとアウェイで対戦したベシクタシュは香川は後半頭からピッチへ。

味方(特に中盤から後ろの味方)はボールを渡してくれるんだが、なんかこう、なぁ~んだ的な味方選手の表情(?)空気(?)もあったような感じもしたり、フィジカルコンタクトで潰されたりと、いいプレーもあるんだがどうもね、、、という感じだ。香川が入ってボールは回るようになるしポゼッションは高まるんだが、また、香川は下りてきてボールを貰いたがるけれども、前を向いても攻撃がイマジネーションが感じられてデザインされる風もなく(もちろん、いいパスが出ることもあるし、テクニックを確認できるいいプレーもあるが)肝心なところで…的な感じというか、概ね、これまで見てきた光景、展開…かなぁ。。。
バイタルエリアでボールを受け左へはたき、そのボールをゴール前で味方が打てなかったのを捻じ込んで(こぼれ玉を蹴り込んだという類だけども)これはいいゴールだったが(同点に追いつくゴール)その数分後、中盤で味方からの短い横パスを、相手が奪いに来るのは感じてスクリーンしたんだが後ろから突かれて倒れてロスト、、、そのまま持ち上がられてミドルを叩き込まれて失点。
結果的にこれが決勝ゴールとなってベシクタシュは敗戦、チャンピオンズリーグ出場権も逃す結果に。
次の試合で挽回…と試合後の香川のコメントをメディアが伝えているが、もう次しか(残り1試合)ないんだけど、、、と結構思う向きがいるだろうね。ロストした後も全力で戻ってないじゃないか、、、という声もあるだろう。
来シーズン、香川がどこでプレーするのか、、、といったところで、いろいろメディアで伝えられてもいるが、本人が希望しているというスペインはまず考えられないし、イングランドへ行くことはないだろうし、ドイツへ戻って(ドルトムント以外のクラブで)プレーするんだろうか。
技術、テクニック、センス、プレービジョンは確かに認められるし明らかなんだけどね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3275

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2019年08月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ