武藤嘉紀、デュエルを制しての2ゴール。

マインツの武藤嘉紀が、日本時間昨夜の試合で正に相手ディフェンダーとのデュエルに勝っての2ゴールで、こういうゴールを見てもハリルホジッチは武藤を使わんかいね。

1ゴールめは、ペナルティエリア外でスペースに下りてきて味方のフィードを受け、背中にぴったり張り付くディフェンダーを物ともせずに反転ショット。相手のファウル覚悟で反転を封じようとするプレーを物ともしないゴール。なんか相手ゴールキーパーのセーブがアレ?? だったんだが、ブレてたのか何だかよくわからん(笑) でも相手ゴールキーパーはツィーラーだけどな。
2ゴールめは、左からの低く速いクロスに、相手ディフェンダーに前に入られていながらも、後ろから一瞬飛び込んで(ちょっとファウル気味だったか?? 相手チームがゴール後にレフェリーに抗議してたと思うが)スライディングで捻じ込んだ。こちらも日本人っぽくないプレーだったんじゃないか、、、一瞬の入れ替わりなんか。

ま、この2ゴールめの左からの味方のグラウンダーのクロスがまた、リプレイ映像のスローを見ると、濡れたピッチに押さえつけるようなキックで見事なグラウンダーを送っておりますね。こういう細部へのこだわりが、日本選手にはまだ不足してたりする場合があるんじゃないかと思ったり。

んで、こういうプレー、パフォーマンスを見せてもハリルホジッチの中においては武藤のプライオリティは低いままですかね。大迫のようなポストはできないかもしれないが、大迫と武藤で2トップとか、大迫もしくは武藤の1トップに岡崎をシャドーに置いた「レスター型」とか、そういうのもダメなんすかね。とにかく中盤は3枚置きたい(4-3-3)ってことなのか、浅野や原口のウイングが縦突破もしてフィニッシュもしてくれる(おっと、サイドの守備も…か)ことが眼目なのか、よくわからん。本番に向けていろいろ隠してんのか、他に無いのか。。。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/2791

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

<<前月 2019年10月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ