フォーメーション変更したエイバル、武藤嘉紀は1トップで起用。

昨日に続きエイバル、そして武藤嘉紀ネタになります(笑)
日本時間昨夜行われたバリャドリードVSエイバルは、ここまで4節を消化して共に勝利がなく、昨シーズンも残留争い仲間(?)であり、結果的に両クラブとも辛くも残留を果たして(しかも順位も1つ違い)の今シーズン。
アウェイのエイバルはこの試合、これまでのフォーメーションを変更して4-2-3-1の形の模様。しかも1トップに武藤を起用し、キケ・ガルシアはベンチ。乾はシャドーの位置という。
なんじゃこれ、日本向けか??? とツッコミたくもなったが、前線を日本人の2人というのはメンディリバル監督は何を考えているのか、ぶっちゃけよくわからん。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

<<前月 2020年12月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ