現在の日本人選手の市場価値…

しばしば市場価値「値づけ」がネタになるドイツの <移籍サイト> がアジア人選手のランキング Top25 をアップして(同額タイもあるので)全28人中、半数を日本人選手が占めている。
名前だけ列挙すると、久保建英、中島翔哉、冨安、鎌田、南野、堂安、酒井宏樹、武藤嘉紀、伊東純也、吉田麻也、奥川、大迫…っつう順に名前が並ぶ。
あと、ここには名前が無いが、今朝になってフランスのリールが西川潤を獲得間近というニュースを地元紙が報じているらしい。移籍金額も結構積まれているとのこと。

大迫についてはちょうど、ブレーメンの同僚(アタッカー)が大迫を評して、10番の位置だと最もよい…というようなことを地元紙に答えているらしい。
そのためには大迫の前方に相手センターバックを取り除くフォワードが必要…と。
まぁこれがインターナショナルな結論だろうな。
「10番の位置」ないしは「10番のプレー」ってわかりますかね、日本の人に。安直にトップ下って置き換えてちゃイカンのだけどな。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

<<前月 2020年09月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ