なかなかに見所のあったJ1首位攻防戦。

先週末のJ1はやはり、ガンバ大阪VS川崎フロンターレの首位攻防戦。どちらも再開後に好調に勝点を積み重ねていることと、近隣エリア同士の対戦から広域な移動を伴う試合スケジュールに突入したことで今後の試金石となる一戦であること、特にフロンターレは猛烈と言ってよい得点力に驚異的な得失点差で快走しているが、やや分がよくない大阪勢との対戦でもそれが発揮できるのかどうか、フロンターレの今シーズンのシステムが通用するのかどうか、戦前より注目していたカード。
現在のガンバは3バック(あるいは5バック)で、フロンターレの4-3-3フォーメーションと対峙するとシンプルに中盤の数では勝るわけで、そこも注目ポイント。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

<<前月 2020年09月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ