2007年12月1日のJリーグ、鹿島アントラーズVS清水エスパルス。

DAZN「Re-LIVE」で配信中。この年からアントラーズが3連覇(もちろんリーグ優勝のことだ)する最初の年の大逆転優勝した最終節。
前年、浦和レッズがJリーグ初優勝し、この年はACLでも初優勝(JリーグのクラブがACL初優勝)し、リーグでも首位。もしかしたらレッズの優勝(連覇)が相応しかったかもしれないが、ACLが終わってから3戦連続ドローやら天皇杯でも敗退やら、勝てなくなってしまい、最終節の1つ前(第33節)ではレッズのホームでアントラーズとの直接対決。試合前の勝点差は「4」あり、ドローでもよかったのに、しかもアントラーズは前半終了間際にレッドカードで1枚少なくなったのに破れてしまう。とうとう勝点差は「1」に。
それでもレッズの最終節はアウェイではあるが、ブッチギリ最下位での降格が決まっている横浜FCとの対戦で、普通にはなんとか勝ちをモノにするだろう…というのが大方の見方だったにもかかわらず、先制ゴールを与えてそのまま追いつけず。アントラーズはホームに清水エスパルスを迎えての一戦だったが、エスパルスも優勝争いに食い込んでいた強敵で、ホームとはいえ容易に勝点3ポイントを得られるわけではない相手だったが、前半のPKでの先制も大きく、後半2ゴールを追加して快勝。見事な大逆転優勝となった。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2020年07月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ