コパ・デル・レイでバルセロナが3バックのシステム。

コパ・デル・レイ(スペインのカップ戦)3回戦のネタを。バルセロナが3部に相当するセグンダBのイビザと対戦した試合。メッシも連れてきてないし、スアレスも欠場。
なにしろリーグ首位をキープしながら監督交替させたバルセロナだが、この試合では明確に3バックのシステムで戦った。ファティなんて左ワイド(いわゆるウイングバック)に居るし、3バックに両ワイドを広く張ったシステム。
日本代表で森保監督がやる3-4-2-1とは違って、中盤は3枚で2トップ。中盤はデ・ヨングがアンカーの形。ボールを持つと、両ワイドが高い位置を取るので4トップみたいになってる。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

<<前月 2020年09月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ