ヨーロッパリーグ、セミファイナル…スタンフォード・ブリッジで奮闘、120分の奮戦もPK戦で力尽きる。

フランクフルトのホームで行われた1stレグを1-1で終え、チェルシーのホーム、スタンフォード・ブリッジへ乗り込んでの2ndレグ。戦力、選手層を含め、アウェイゴールを奪っての2ndレグでチェルシー絶対有利の状況だが、チェルシーの慎重な立ち上がりの風の中、フランクフルトは勇気をもって果敢に挑む。それでもチェルシーがギアを上げれば1ゴール捻じ込んで見せ、前半は1-0で終了。
後半、チェルシーがやや余裕を持っていた風な中、ゴールを奪うしかないフランクフルトが積極的に仕掛け、長谷部のフィードをレヴィッチが落とし、ヨヴィッチが抜け出し早々に同点に。だが、フランクフルトが勝ち上がるにはもう1ゴール必要。。。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2020年07月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ