スターティングメンバーを見て、ゴールキーパー・川島、左サイドバック・長友って正直なんじゃ…と思ったが。

昨夜のワールドカップ・アジア2次予選。
普通に長友のスプリントは素晴らしかった。アシストも2つ記録しているわけだし。それだけコンディションもよくトレーニングでも好調だったんだろう。起用するだけのことはあったかと。
ま、私だったら若い選手を使うけど。

相手も中央に選手を寄せていたんで、特に左サイドはフリーパスみたいになっていたけどね。
ただ、長友にしても酒井宏樹にしても、両サイドバックは旧式感が否めないが。

センターバックの1枚には板倉を起用したが、冨安のコンディションの点が伝えられていたので驚きは無かった。
板倉も、終盤ピッチに入った植田も、ビルドアップと攻撃意識も高く、方向性としては悪くなかったんじゃないか。ミスパスも何度かあったが。
板倉については終盤、折角なんでA代表でのゴールを記録したがっていたのがよく伝わりました(笑)
中盤センターは遠藤航と守田の2枚だったが、この試合をテストランとして見ればよいんだろうと思うが、1枚はプレーメイカー(ゲームメイカー)タイプの起用を見たかった気はする。(クラシカルなゲームメイク、ゲームメイカーをイメージしているわけでは全然ないが…また、皆さんがよく言うパサータイプという意味でもない…)
遠藤航と守田で(いわば日本においては新しいスタイルの中盤センターで)その部分も十二分に可能…という明確なビジョンがあったのなら、結構だが。
あったのなら、、、ね。

ゴールが大量に生まれたが、ま、この相手ですから。
伊東純也がベルギーで見せているように、右サイドから中央に入ってくる動きを代表チームでも見せるようになってきたのは結構なこと。
あと、鎌田はかなり違いを見せていたのは目を引く。
南野については、いいところは持って行ったが、やはりフィニッシュが遅く、これでは確かにイングランド・プレミアではゴールが決められないだろうと思わせられた。ただ先制ゴールのシーン…(鎌田とのワンツーの前で既にゴールを確信したが)右アウトでのフィニッシュは新し気ではあった。

最後は4-3-3のフォーメーションまでやってみていたが、これって本気に試す気があるのか、いささか疑問。。。
この試合の地上波実況中継の日本テレビは、久保建英にプレー機会を与えなかったことに実況アナウンサーがやたらこだわって(?)いて滑稽にすら思えたが、普通に使わないんじゃないのか。むしろ必ず使うと思っていた方がどうかしている(笑) ワールドカップ予選最年少ゴール…なるものがかかってるからっすかぁ???

まぁとにかく、来週、再来週と4試合できるので、どういう選手起用で、どういう内容を見せてくれるのやら。吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航が(U-24に加わるので)抜けるしな。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/4015

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

<<前月 2024年06月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ