VAR判定に持ち込まれるかどうかも人の判断、結局…

昨夜は日本時間1:00AM(25:00)から始まった女子ワールドカップのオーストラリアVSブラジルを結局、見てしまいましたがな。
この試合でも何度もVARご登場があり、、、決勝点となったシーンは、ありゃ私なんかからするとオフサイド取ってよいと思うけどな。

そのシーンは、、、サイドから放り込まれたボールにオーストラリアの選手1枚が走り込んだが、オフサイドの位置だった。ブラジルのディフェンダー2人が挟み込むような形になったが、オーストラリアの選手と、その選手に身体をぶつけて行ったディフェンダーの少し後ろの選手の頭に当たり(その選手もハイボールにジャンプしてた…)これがマウスに吸い込まれてオウンゴールに。
競り合っていた所でボールに触れられていたのであれば(それがどっちの選手であっても)問題なくオフサイドなんだろうが、そこより後方の選手が触れたので、オフサイドポジションだったはずの選手はプレーに関与してない…ってことなんだろ。副審はオフサイドフラッグを上げていたが、VARが入り、ゴールが認められる結果となった。
ありゃオフサイドでしょうが。

この他にも、、、っていうか、これよりも関心も持たざるをえないのが、PK判定でのVAR。テロップで "POSSIBLE PENALTY" と表示されるが、要はPKかどうかのVAR。主審が流した(PKを取らなかった)シーンでは最近はVARは入れて来ないのかと(ちょっと)思っていたんだが、この試合では入れて来ましたね。その結果はPKは与えられなかったんだが、おいおい、じゃ、U-20ワールドカップの Round 16 で日本はVARも入ってくれすらしなかったぞ。西川がゴール前で合わせたシーン、相手ディフェンダーの腕に明らかに当たっておったじゃないか。アピールが足らんかったってことっすかぁ???
結局、VARも人間が介入すること。だからVARが導入されれば精緻になるなんていうことには、ならんでしょ。
私はつい最近もフットボール・フリークの方との熱トーク(@新小岩)の時にも言ったんだが、VARは好みでなく、副審を増やす方が賛成だな。なんならピッチ内にも1人入れるとか。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/3300

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

<<前月 2019年06月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ