4-3-3のインサイドハーフのプレーとしては、だいぶ問題が多いんじゃないか…

インターナショナルマッチ・ウイークに入る直前のブンデスリーガ、堂安のビーレフェルトはアウェイで大迫のブレーメンと対戦。堂安はこの試合でも4-3-3のインサイドハーフでプレー。
前半はブレーメンのパフォーマンスが上回り、先制ゴールもモノにしたんだが、堂安は途中までほとんどボールに触れずボールも回って来ず、ブレーメンの選手の後ろやボールの後を追いかけてるシーンが目につく内容。
初戦なんかはもっとボールが来てたけどな。。。
あと、4-3-3のインサイドハーフがこういうポジショニングやスペース意識じゃ、こりゃダメなんじゃないか。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

<<前月 2020年12月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ