セレッソ大阪VS川崎フロンターレ、緊張感あふれ、互いの戦術性を発揮し合った90分。

一昨日行われたJ1のセレッソ大阪VS川崎フロンターレ。フロンターレを追いかけるセレッソとしては、どうしても勝点3ポイント獲得が大命題の一戦。既に勝点11ポイント差をつけられており、セレッソの選手の最後のチャンスという表現も誇張ではない一戦。
フロンターレの方も、そこまで決戦と位置づける状況ではないとは思うが、トーナメントのファイナルと思って戦えとの監督の指示だったそうで、キックオフから緊張感あふれる攻防を展開。
堅守のセレッソは4バックが中央をガッチリ固めるので、ワイドからの攻撃が有効と言われるが、肝心なのはワイドに展開してもそこから速い攻撃が不可決ということ。
そこのスピードが出ないと、中央は固いし、バイタルも厚く守る戦術なので、なかなかゴールマウスをこじ開けることができない。それがセレッソの少ない失点数を物語っている。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

<<前月 2020年12月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ