昨夜の「金J」Jリーグ開幕戦。

マジョルカの久保健英は日本時間早朝に行われたアウェイでのベティス戦で1ゴールを含む3ゴールに絡んで3-3のドローに持ち込む活躍。3-3に追いつく同点ゴールは見事だったが、右に持ち出しつつクイックに小さなステップでディフェンダーの足の間を抜くファインショット。ちょっとコースが甘く相手ゴールキーパーにさわられたが、ゴールイン。
1点めは、右サイドからカットインしてのシュートが相手にブロックされてルーズボールになった浮き球を、味方がワンタッチでファインショット。2点めは左サイドを味方のヒールパスで抜け出してゴールラインぎりぎりからグラウンダーのクロスでアシスト。
…という内容。基本ポジションは中盤右だが、この試合をざっと見ていてベティスの左サイドからの攻撃への備えか、割と低いい位置にポジショニングすることが多く。ウイングバックかよ…と一瞬思ったくらいで。また、イイ意味で守備にシャカリキに労力をかけ過ぎない感じ見て取れたんだが。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2020年10月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ