冨安、前節を上回るパフォーマンス…圧巻のプレーとの声も!!

ボローニャの冨安、セリエAでの2戦めは前節と同じく4バック右でスタメン出場。
右サイドをまぎれもなく制圧するは、自軍エリアで華麗な足さばきとボールキープで交わすは、相手陣内右サイド深いエリアで3人をドリブリングで交わしたシーンはスタンドからも大歓声。もちろん守備も安定しており、マークしているアタッカーと競りながらラフなボールが落ちてきても(嫌なボールだが)落ち着いて対応。ポジショニングも的確。カウンターを仕掛けられて危うくなりそうな局面も、危険な状況になる前に難なく対応。こりゃ相当いいパフォーマンスだわ。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

<<前月 2020年05月 次月>>

New Entries

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ