カンプノウで結構いい戦いを挑んだが、ちょっといろいろ足りない…か。

チャンピオンズリーグのセミファイナル、バルセロナVSリヴァプールの1stレグ。カンプノウでの一戦。リヴァプールは守備重視で入るかと思ったら、3トップにして(4-3-3)結構アグレッシブに攻撃に出る。ただフィルミーノが居ないのが痛いか。
だが、リヴァプールの入りはよかったと思っていると25分過ぎにバルセロナが左サイドのインナーラップを上手く使って斜めのスルーパスにスアレスが合わせ、見事なゴールで先制。リヴァプールからすると、やはり中盤3枚ではバルセロナにスペースを与えてしまったか?? だが、そこをピッチのどの選手もが察知し、イメージシンクロで攻略するのがバルセロナの強み。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

<<前月 2019年06月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ