マジョルカがレアルを倒した一戦での約30分間のプレーはどうだった??

インターナショナルマッチ・ウイークが明けて、リーガ再開でレアル・マドリードをホームに迎えたマジョルカ、日本時間本日早朝に行われた試合。現地では土曜日ですね。久保健英は木曜日にクラブも合流して、戦術的なトレーニングに参加できないままこの試合を迎え、ベンチに控える。
マジョルカはキックオフ早々、6分あたりでレアルのアンカーのカゼミーロの脇を突いて素早く前線へ展開し、左サイド寄りからカットインして見事なショットを沈めてまさかの先制。カゼミーロの両脇を突かれるとレアルの最終ラインは深めに引いてしまうのだが、これでいいんっすか…と思うが、先制点を許した後も同じような展開から(今度は浮かしたボールからだったが)右サイド寄りからのショットがゴールポスト直撃、マジョルカの追加点が生まれそうな場面も。前半はそのまま1-0で終了。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<<前月 2019年11月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ