それなりに興味深く観戦した昨夜のA代表。

ワールドカップ・アジア2次予選、消化試合のアウェイでのミャンマー戦。スターティングラインアップが羅列の形でアップされて、ウン??これはもしかして4バックか??? いや、こういう配置(並び)での3バックか??? と議論が沸くのもフットボールの楽しみでもある(笑)
蓋を開けてみると、やはり3バックで、中央を谷口、センターバック右に橋岡、左に伊藤洋輝。ウイングバックは右が菅原、左が中村敬斗、中盤センターが守田と鎌田、1トップが小川航基、2シャドーに堂安と旗手。ゴールキーパーは前川。
鎌田は序盤からどんどん前へ出たり左ワイドに張ったり、そのため中盤底は実質的に守田1枚だけ。
鎌田のフリーマンに伊藤洋輝の押し上げもあって、左サイドは活性化。それに対して右は橋岡の押し上げが無く、堂安のポジショニングもイマイチ感あり、日本の攻撃は左サイドに偏る形。
堂安はウイングバックでのプレーを見たかったな。。。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/8259/

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

<<前月 2024年07月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ