ドイツカップ…大迫、見事なスルーパスで決勝ゴールをアシスト。

ドルトムントとの対戦になったブレーメン。ウインターブレイク明けからこのところスタメン起用が無かった大迫だが、この試合は3バックで1トップ+2シャドーのフォーメーションで、2シャドーの一角で起用。1トップには冬の移籍で加入した選手が。
ま、大迫の技術、能力の高さは言うまでもないんだがやはりゴールが…ってところだよな。ドイツに渡ってからも中盤で使われたりということもあった大迫、とにかく起用でマルチタスクなのはそのとおり。2シャドーの一角ってのは合ってるかもしれない。

続き▽

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2020年10月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ